L4YOU!旬の根菜で健康レシピ、根菜のすり流しと根菜グラタンで免疫力UP&美肌をゲット!

スポンサードリンク

今日のL4YOU!は『和の名店直伝!旬の根菜で健康レシピ』。ゲストは北島三郎さん♪。

そう言えば先日の菊花賞で、所有馬のキタサンブラックが優勝したんでしたね、メデタイ。

新曲の今日より明日へ・・・おれの道もリリース、いまだ現役バリバリ、お若いですよね。。

SPONSORED LINK

さて本日のテーマ食材、今が旬の根菜には免疫力UP、高血圧予防、美肌、便秘予防・改善、動脈硬化の予防、冷え性改善など、様々な健康効果も満載!。

そんな根菜の美味しい調理方法を教えて頂くのは、あの帝国ホテルは東京なだ万調理長、黒田廣昭さん。ありがたい。。

さらに栄養士佐藤秀美さんに根菜の栄養についても・・。

まずは北島さんも絶賛の味「根菜のすり流し」から。

材料(4人分)は、

大根100g、ゴボウ25g、ニンジン20g、煮干し4本、出汁360ml、酒小さじ2、みりん小さじ2、薄口しょうゆ小さじ2、サツマイモ30g、水溶き片栗粉少々、柚子適宜。

作り方はまず大根・ゴボウ・ニンジンを薄くスライスしさっとボイル、カツオの出汁と煮干し、薄口しょうゆで20分煮て、冷ます。

それをジューサーですり潰す。そうすることで、栄養の吸収率もアップするんだとか。

そのすり潰してペースト状にした根菜(200g)に、出汁(160ml)、裏ごししたサツマイモを加え、煮る。

塩・薄口しょうゆで味を整え、水溶き片栗粉でとろみをつけて、最後に柚子をのせて完成。

この「根菜のすり流し」の栄養ポイントは?

大根・・・抗酸化物質(イソチオシアネート・ビタミンCなど)・カリウム・食物繊維

ニンジン・・抗酸化物質(βカロテン)・カリウム・食物繊維

ゴボウ・・抗酸化物質(ポリフェノール)・カリウム・食物繊維

と、生活習慣病予防に効果的な栄養が効率よく吸収出来るそうです。

お次は「根菜グラタン」。

材料(2人分)は

大根10g、ニンジン10g、れんこん10g、コンニャク10g、シメジ15g、バター10g、酒小さじ2、薄口しょうゆ小さじ1、みりん小さじ1、ピザ用チーズ20g
「ベシャメルソース」小麦粉大さじ1、バター10g、牛乳3/5カップ、白味噌小さじ2、サトイモ1/2個、砂糖小さじ1、塩少々、コショウ少々

まずは皮をむいた大根・ニンジン・れんこん。コンニャクを賽の目切りにし、シメジは適度なサイズにほぐして切る。

コンニャクは軽く湯通し、根菜を5分下茹でする。

その間、ベシャメルソース作り。サトイモを裏ごしして加えるのがポイント。

これで小麦粉やバターの分量を減らせるため、カロリーが大幅カット、となるらしい。

鍋でバターを溶かし、小麦粉を入れ、弱火で暖めながらよく混ぜる。そこへ温めた牛乳を少しずつ加えながら、なめらかになるまでよく混ぜる。

なめらかになったら、裏ごししたサトイモを投入、弱火にかけてよく混ぜる。

隠し味として白味噌を加えるのがポイント。

さらに砂糖・塩・コショウで味付けしたら、さらに弱火でしっかり混ぜ、最後に裏ごししたら、ベシャメルソースの完成。

お次は火にかけたフライパンにバターを入れ、先ほど賽の目切りにして茹で上がった根菜を投入。

油とニンジンを一緒に摂ると、ニンジンのβカロテンの吸収率がアップするとのこと。

続いて酒・みりん・薄口しょうゆを入れて軽く炒める。

余分な水分を取ってから、先ほどのベシャメルソースを加え、よく混ぜ器に盛り付ける。

ピザ用チーズをかけて150℃のオーブンで約7分ほど焼けば完成!。

これはヘルシーで美味しそう。美肌にもいいグラタン♪。

この「根菜グラタン」の栄養ポイントは、

ベシャメルソース+サトイモペース=低カロリー

れんこん(ビタミンC)+ニンジン(βカロテン)=美肌

ということ。

美味しくて健康効果もあって、さらに美肌にも!これはこの冬、週一で食べたい料理、ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする