L4YOU!片岡シェフ親子の簡単鶏肉イタリアン、鶏モモ肉のカリカリソテーと鳥ムネ肉のカツレツのレシピ!

スポンサードリンク

さて、先ほどの「ブロッコリー&アサリのパスタ」に続いて今度は「鶏肉で簡単イタリアン」レシピを片岡親子が競って披露です。

まずは宏之シェフの「鶏モモ肉のカリカリソテー」から。

材料(2人分)は、

鳥モモ肉1枚、ニンニク1片、粒マスタード小さじ2、塩少々、ローズマリー2本、ハチミツ小さじ1と1/2、コショウ少々、ジャガイモ1個、レモン汁大さじ1、小麦粉適量、クレソン適宜、オリーブオイル大さじ2

まず鳥モモ肉を平にし、塩・コショウで下味、皮目のみに小麦粉をつけます。

続いてジャガイモを皮付きのまま適当な大きさにカット、串が通る程度まで茹でます。

SPONSORED LINK

ニンニクを潰し、ローズマリー・オリーブオイルと共に火をつける前のフライパンへ。

さらに鳥モモ肉の皮目を下にしてフライパンへ入れたら火をつけ(弱火から中火の間)、カットしたジャガイモを加えます。

ポイントは皮目8割で火を通すイメージ、すると身がジューシーに焼き上がるそうです。

この間、ソース作りを。。

粒マスタードとハチミツ、レモン汁・オリーブオイル、隠し味にお醤油を加えてよく混ぜれば出来上がり。

弱火でじっくり20分ほど焼いた鳥モモ肉を裏返し、2分ほど火を通したらフライパンから取り出し、皮目を下にしてカット、皮目を上にしてお皿に盛り、ソースをかければ完成。

見ただけで食欲スイッチON!になる逸品ですねぇ。。

とここで片岡護シェフが別のソースレシピを紹介。

バルサミコ3/4カップをフライパンで煮詰め、塩・コショウ少々、オリーブオイル大さじ2、レモン汁少々を加えてよくかき混ぜて出来上がり。

それぞれのソースで食べるカリカリソテー、もうお店に行った気分になれそう♪。

さてお次は片岡護シェフの「鳥ムネ肉のカツレツ~ケッカソース添え~」。

材料(2人分)は、

鳥ムネ肉1枚、塩・コショウ少々、小麦粉適量、卵適量、パン粉適量、オリーブオイル(揚げ油)80ml

ケッカソースは、

フルーツトマト小3個、オリーブオイル大さじ1と1/2、ニンニク(みじん切り)小さじ1、バルサミコ酢大さじ1/2、レモン汁大さじ1/2、コショウ少々、バジル5枚、塩少々

まずはケッカソース作りから。

フルーツトマトを大きめにカット、オリーブオイルとニンニク、バルサミコ酢とレモン汁をかけ、刻んだバジルと塩コショウを加えてよく混ぜるだけ。

続いて鳥ムネ肉の皮を取り、半分にスライス。

両面に塩コショウして小麦粉をつけ、卵にくぐらせパン粉をつけたら、80mlのオリーブオイルで揚げ焼きに。

ここでポイント、フライパンにオリーブオイルを入れたら充分に熱して短時間で焼くとカリッと仕上がるそうです。

両面がこんがりきつね色になったらお皿に取り出し、ケッカソースをかけ、ルッコラにオリーブオイル、塩・コショウ、レモン汁、バルサミコ酢をまぜ合わせてカツレツの上に乗せれば完成!。

こりゃもう、本格的なイタリアン。意外と簡単に出来ちゃうんですねぇ。。

これは早速作ってみましょうかね、家族に喜ばれること間違い無し(*^^*)。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする