L4YOU!冷蔵庫にあるもので名店のおつまみが作れるレシピ第1弾

スポンサードリンク

今日のL4YOU!は「すぐ出来る!名店に教わる極上おつまみ」。ゲストは田中律子さん。相変わらず若々しいですねぇ、陸の上より海の上にいるほうが長い、というほどサーフィンにハマっているのが、その若さの秘訣、ですかね。

で、今日のテーマ、すぐ出来るおつまみ。これを教われば、ちゃちゃっと手軽に美味しいおつまみが出来そうだし、子供のお弁当にも応用出来そう(^o^)。

SPONSORED LINK

案内役は、食を楽しみたい人のための月刊誌「dancyu」編集長、江部拓弥さん。

まず最初の名店は、渋谷の「mocchi(モッチ)」。日本酒にこだわった居酒屋さん。

おでんとお酒がメインの和風なお店。店主の望月清登さんはちょっとイケメンで金髪。

おでん盛り合わせ(おまかせ5品盛り)1,188円、美味しそう。。

今日教わるのは、「白菜のすり流し」。

材料は白菜1/4個、出汁3カップ、薄口醤油 大さじ1、塩 適量。

まずは半分の出汁を沸かし、ざく切りの白菜を投入。アルミホイルをかぶせ、20分ほど煮込む。

日を止めてハンドミキサーなどで撹拌し、再び火にかけ残りの出汁を加え、薄口醤油を入れ、塩少々で終わり。

これは簡単。

続いては「ベーコンの西京焼き」。これは酒飲みにはたまりません!。

ベーコン(ブロック)180g、みそ(赤味噌以外)100g、砂糖40g 酒 大さじ1がその材料。

まずはみそ・砂糖・酒を上記分量でよく混ぜ、この味噌をベーコン全体に塗ったら冷蔵庫で2日ほど漬け込む。

そのベーコンを適当な薄さに切ったらフライパンで焼き目が付くまで焼くだけ。

これまた簡単、香ばしそうでおつまみにはもちろん、ご飯のお供やお弁当にも最高。

付け合せはレンコンやミニトマトをこの味噌に1日漬け込んで軽く焼くだけ。

2店目の名店は三軒茶屋の「五臓六腑」。いかにも!な店名ですね^^;。

三軒茶屋に3軒もある人気店らしい。

「和牛ローストビーフ生ウニ巻刺 1,890円」が人気だとか。そりゃたまらん(*´ڡ`●)

ここで焼酎に合う、和洋中のおつまみを教えてくれるのは、店主の高橋研さん。

ご指導いただくのは、出ました!ポテトサラダ!。

レシピはクリームチーズ 100gとマスカルポーネチーズ 100gをよく混ぜ、そこに生クリームを大さじ2加えてさらに混ぜる。もうこのチーズソースだけで旨そう。。それを冷蔵庫でよく冷やしておく。

次にジャガイモを皮つきのまま茹で、大きめにカット(3個分)。180℃の油で素揚げ。

ジャガイモがきつね色になったら油から上げ、塩少々、こしょう少々をさらっとからめ、先ほどのチーズソースに和える。

その上に酒盗とネギを乗せたら「チーズと酒盗のポテサラ」の完成!。たまりません、酒飲みたい!。

2品目は「万能ネギソースとジューシー蒸し鶏」。

1~2人分のレシピは以下のとおり。

鶏もも肉180g、鶏がらスープ 3カップ、にんにく 1片、ねぎ(青い部分)3本分、しょうが1片、粒こしょう8粒、塩 小さじ1/2、ねぎ(青い部分)適量。

まずはネギソースから。しょうが100gを適当に切り、ねぎの白い部分をぶつ切りにしてフードプロセッサーにかける。細かくなり粘りが出たらOK。

それを布巾に取り出し、塩小さじ1をふり、よく揉む。これで水分をよく出す。その後流水で流しながらしっかり洗い水分を絞る。

しょうがも全く上記ねぎと同様に。これで準備完了。

このねぎとしょうがにサラダ油と塩小さじ1/2をいれ良く混ぜる。さらにこしょう少々と砂糖少々を加えてよく混ぜれば、ネギソースの出来上がり。

次は蒸し鶏。鍋に鶏がらスープ3カップとねぎの青い部分3本分を入れしょうが1片とにんにく1片を投入、粒こしょう8粒と塩小さじ1/2を入れ、ここで火にかける。

スープが沸いたら弱火にし、鶏もも肉を入れ、蓋をして約10分ほど蒸し煮する。

その間、ネギソース(大さじ2)にトウガラシと油を各少々加えてフライパンで温め、蒸しあがった鶏もも肉を適当な厚さに切った上にかけるだけ。

これで「蒸し鶏の上海ネギソース」の完成!パチパチ\(^o^)/。

これは確かに焼酎にバッチリ合いそう。このネギソース、冷蔵庫で4,5日持つそうなので、冷奴などにかけても美味しいんだとか。。

奥さんに頼んで、早速作ってもらいますかね・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする