L4YOU!野沢菜漬けの健康効果が凄い!健康になる発酵食を白澤卓二先生が徹底解説!

スポンサードリンク

今日のL4YOU!は「名医厳選!健康になる5大発酵食」特集です。

上手に食べるだけで健康になれる発酵食を教えてくれるのは、白澤抗加齢医学研究所所長の医学博士白澤卓二先生。

健康になる5大発酵食、まず一つ目は「野沢菜」。美味しいですよねぇ。。

長野県野沢温泉村の野沢菜漬けは特に美味しいそうで、理由は”温泉で洗うから”だそうです。

さて、野沢菜漬けにはどんな健康効果があるんでしょうか?。

白澤先生によると、野沢菜漬けには「生きて腸に届きやすい植物性乳酸菌が豊富」にあって、「腸内環境を改善するため免疫力向上に効果が期待できる」そうです。

SPONSORED LINK

さらに「塩分や酢酸が高い過酷な状況でも育つため、長く体内で生きることができる」と。。

その上「βカロテンも含まれているので強力な抗酸化成分でがん予防が期待されている」とか。。事実、長寿日本一長野県はがん死亡率19年連続最下位。論より証拠、ですね。

でも、通常販売されている野沢菜漬けは浅漬けなのでほとんど発酵していないと・・・。

健康効果を得るなら、発酵が進み乳酸菌も豊富な長野県など地元で漬けられている「本漬け」だそうです。

それと、野沢菜の中にはカリウムが豊富なため、体内の塩分を排出する働きもあるのである程度量を食べても大丈夫、と。。

そんな野沢菜漬けの健康効果をさらにアップさせるには、”お茶”と一緒に食べること、だとか。お茶の抗酸化力が野沢菜の抗酸化力が何十倍!にもなるそうです。

お茶請けやお茶漬けのお供に野沢菜漬け、は理にかなっていたんですねぇ、先人の知恵です。

さてお次は「黒酢」。黒酢には抗菌作用や解毒作用など様々な健康効果がありますが、中でも注目なのが「血糖値の上昇を抑える効果」だとか。。

例えばご飯一杯を食べる直前に黒酢(大さじ1杯程度)を飲むだけで、食後血糖値の上昇を抑えられるそうです。ちなみに”酢”に摂りすぎ、は無いそうです。

さらに黒酢とオクラや山芋などの”ネバネバ食品”を一緒に食べることで、ムチン成分(糖質を包み込み急激な血糖値の上昇を抑える)とともに血糖値の上昇抑制効果を向上させるそうです。これはいいこと聞きました。

続いては「味噌」。何を聞かずとも体に良さそう(*^^*)。

白澤先生いわく、「白味噌と赤味噌では健康効果が違う」そうで、得たい効果により使い分けるのが良いと・・・。

まず「赤味噌」には褐色の色素「メラノイジン」が含まれており、抗酸化力が強く、代謝を上げる働きがあるので、主に朝食時に赤味噌の味噌汁を食べることでエネルギー消費量向上につながるそうです。

一方の「白味噌」は麹が多く含まれているため「GABA」という成分が豊富、だそうです。

このGABAとは脳の興奮を抑える神経伝達物質でリラックス効果があるとか。。

なので夜には白味噌の味噌汁を食べることで脳をリラックスさせ心地よい眠りを促す効果があるそうです。

さらに味噌汁を摂取することで乳がん発生率も低下させる効果があると。。1日3杯以上食べるのがベスト。ちなみに味噌には血圧を下げる成分が含まれているので、むしろ味噌汁で血圧が下がり血管の若返りも期待出来るそうです。

それと、味噌汁は食べる直前に味噌を溶かすのが最大に健康効果があると白澤先生。

生の菌は50℃以上で死んでしまうので、一度火を止めてから10分ほどしてから溶かすのがベストだそうです。

さてお次は一体、何でしょうか?続きは「その2」へ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする