L4YOU!真田幸村ゆかりの地、信州上田で絶景とグルメと湯を満喫。

スポンサードリンク

今週のL4YOU!は「2016にっぽん列島、冬の絶景と癒やしの旅」、さて今日は小沢真珠・真琴つばさのお二人が、あの真田幸村ゆかりの地「情緒あふれる歴史散歩!信州・上田」を歴史散歩。

東京からは北陸新幹線で1時間半、東京駅から上田駅へ。

というわけで上田駅に着いた二人は、歩くこと約10分、まずは上田城跡公園へ。

本丸への入り口、東虎口櫓門(ひがしこぐちやぐらもん)から中へ。といきなり、真田十勇士のいでたちでのおもてなしが。ガイドをしてくれるそうです。

案内されたのは「南櫓(みなみやぐら)。観覧料250円で入れます。

SPONSORED LINK

今年1月からは西櫓も見学可能になったそうです。ちょっと歴史を感じます。

続いて櫓門に入ると、火縄銃の体験コーナーが。。ちょっとやってみたい(*^^*)

さて、上田城跡に続いてバスで25分ほど、向かったのは「真田の郷」。案内所のある「ゆきむら夢工房」で聞いたおすすめスポット、「山家神社」へ。

ちなみにこのゆきむら夢工房では無料で電動アシスト付き自転車がレンタル出来るそうです。

山家神社」は真田氏の守り神で、かつ上田城の鬼門除けの神様、なんだとか。

ここ真田の郷にある6つの神社を参拝する「真田相伝六神社御朱印めぐり」は、専用用紙(500円)にそれぞれの御朱印がもらえる(各社御朱印初穂料300円)そうです。

続いては食事、ということで「元祖真田流手打ちそば 佐助」へ。

築350年を超える、風情たっぷりな古民家の囲炉裏端でまず頂いたのは、「そばずいとん(800円)」。芯からあたたまりそう・・・。

真珠さんが「くるみそば(800円)」、つばささんは鹿肉の入った「もみじそば(1,200円)」を注文、どちらも絶品の信州そば、心も体も癒やされそうです。。

お腹を満たした後、上田駅から電車に乗って別所温泉へ。

車内では歌詞カードを配られ、なんと乗客みんなで歌を歌うんだとか、ちょっと照れくさいかも(*^^*)。

そんなこんなで20数分、別所温泉に到着。

「安楽寺」や「常楽寺」など寺も多く、信州の鎌倉とも呼ばれているそうです。

足湯「ななくり」で冷えた足をゆったり温めた二人は、近くのおみやげ街を巡った後、階段を登って「北向観音堂」を参拝。

北向きのその先には長野市にある善光寺があるんだとか。。

互いに向かい合った双方を参拝すると、さらにご利益があるそうです。

さていよいよ二人は「別所温泉 観音様となりの宿 かしわや本店」に到着。

歴史を感じさせる和の旅館、露天風呂付客室は33,630円~と、ちょっとお高め^^。
(もちろんお得なお部屋も有ります)

夕食は「信州キノコの木の芽味噌和え」「ホタテと上田みどり大根酒盗あんかけ」「真田丸(地鶏)と白菜のミルフィーユ」、そしてメインの「真田丸六文銭鍋」(又は信州和牛朴葉焼き)と、贅を尽くした信州の山の幸料理がこれでもかと・・・。

信州の旨い酒と共に思う存分堪能したくなりますねぇ。。

やはり信州上田も、冬の旅がいいかも知れませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする