L4YOU!で昭和のノスタルジック食堂を山路力也&彦麻呂が熱烈紹介!

スポンサードリンク

今日のL4YOU!は「懐かしの味と人情、ノスタルジック食堂」特集です!。

最近はどこも小洒落たカフェ・レストランばかり。

でもやっぱり昭和生まれの人間には、「町の食堂」が一番!。楽しみです♪。

ゲストの彦麻呂さんと共に案内してくれるのはレトログルメ研究家の山路力也さん。

まずは一軒目、北区十条の十条銀座商店街にある「和食天将」。

昭和22年創業でもう70年も続くれっきとしたザ・食堂。

店構えも大衆食堂そのもの。年季の入った食品サンプルももちろん有ります。

SPONSORED LINK

山路さん曰く「ノスタルジックポイント」の小上がりとテーブル席、完璧です。

こちらのイチオシメニューは玉ねぎと豚肉を炒め、ケチャップをかけた超シンプルな「いりぶた(300円)」。

ナポリタンと千切りキャベツ、そしてパセリが付け合せられた、味も間違いなし!の一品。しかも300円!。ノスタルジック価格。。

もう一つの名物メニューは「オムライス(730円)」。

デミグラスなんかじゃなく、真っ赤なトマトケチャップが真ん中にかかった正統派オムライス。これですよコレ。

関連ランキング:定食・食堂 | 十条駅東十条駅

続いて二軒目は豊島区雑司が谷、地元客に大人気の「中華そばターキー」。

これまた昔懐かしい昭和のラーメン屋感満載!。

こちらの一番人気はもちろん「ラーメン(550円)」。

もう観ただけで想像がつく、毎日でも食べられそうなシンプルな醤油ラーメン。

さらにもう一品、ラーメンとくればやっぱり「チャーハン(650円)」。

まさに昭和グルメの黄金コンビ。近所に引っ越したい(*^^*)。

関連ランキング:中華料理 | 都電雑司ケ谷駅雑司が谷駅(東京メトロ)鬼子母神前駅

さてお次の三軒目は新宿区中井、あの赤塚不二夫が20年以上通ったという「とんかつ ぺいざん」。

カウンターのみかと思いきや、ノスタルジックポイントでもある「実家に居るような居心地の座敷」が奥に。。まったり出来ます。

ぺいざん定食(1,050円)」はハンバーグにカツ、豚肉が鉄板に乗ったボリュームタップリの定食。

でもやっぱりイチオシは赤塚不二夫さんお気に入りの「いちおしセット(800円)」。

ハンバーグにヒレカツの串が乗った、まさに昭和のパワフル定食。

先代は帝国ホテルで修行したということで、味は正真正銘。

関連ランキング:洋食 | 中井駅下落合駅落合駅

さて続いて四軒目は新宿末広通り、末広亭となりの老舗ステーキ店「ビフテキ家あづま」。

そう言えば「ビフテキ」って最近めっきり聞かなくなりましたねぇ。。

店内はイスもテーブルも昭和そのまま、座るだけでノスタルジック・・・。

こちらの「サーロインステーキ(1,000円)」は熱々の鉄板にステーキとナポリタン、フライドポテトが乗った、これまた正統派ステーキ。

こちらの看板メニューは「豚のじゅうじゅう焼き(850円)」。

その名の通り、鉄板の上でジュージュー音を立てた豚の鉄板焼き。

これに醤油と玉ねぎ、お酢、そしてシェフの愛情がたっぷり入ったソースをかけて頂く、ライスがいくらでもおかわり出来そうな名物メニューです。

常連さんはこの上に納豆やチーズ、キムチなどを乗せてカスタマイズするそうです。

ちなみに銀座にもお店があるそうです。

関連ランキング:ステーキ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

さて最後は日本橋人形町、明治45年創業の「西洋御料理 小春軒」。

三代目の小島幹男さん、四代目祐二さん、五代目の祐太さんの親子三人が調理場に立つ、100年超えの老舗。

こちらのイチオシは「小春軒特製カツ丼(1,300円)」。

野菜の角切り煮が乗った、ちょっとハイカラな見た目の洋風カツ丼。

ソースにもデミグラスソースが入った洋風味なんだとか。。

初代が考案した復刻メニューだそうで、歴史を感じながら食してみたくなりました。

関連ランキング:洋食 | 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする