evreyこだわり一品勝負、ハラミステーキととろさば料理、どちらも大好物!

スポンサードリンク

今夜のevery、グルメ特集は「ウチはこれだけです!こだわり一品勝負!」。とにかく一球入魂の料理・素材で勝負するお店の特集です。

まず一軒目はハラミステーキで勝負する、神田の「アナンダ」というステーキ店です。

カウンター11席のみ、目の前の鉄板で焼く「ハラミステーキランチ(1,080円)」が、こちらアナンダの一品勝負。

SPONSORED LINK

ハラミ好きの奥野さんが4年前に脱サラしてオープンしたステーキ専門店。

アメリカとニュージーランド産の上質ハラミを150g使ったステーキ。

夜は「リブロースステーキ1ポンド(3,564円)」などの本格的ステーキメニューも。

旨味のある脂を残した切り方、1日寝かせて熟成、そして油をひかずに150度の高温で焼く、の3つのこだわりで、よりハラミの旨さを引き出しているとか・・。

さらにタマネギ・りんごをベースにみりん・しょうゆ・日本酒・赤ワインを合わせたオリジナルの甘辛ダレが、このハラミステーキをさらに美味しくしてくれるそうです。

関連ランキング:ステーキ | 神田駅淡路町駅小川町駅

続いて二軒目は飯田橋にある、とろさば専門店「SABAR食堂」。

こちらは「とろさば」一品食材勝負!。

とろさば塩焼き定食(1,000円)」は、脂の乗ったとろさばが丸々一匹塩焼きになった、サバ好きにはたまらない定食。

もう一品、「とろさば寿司定食(1,260円)」は、「焼き」、「コブ締め」、「あぶり」の三種類のとろさばが楽しめる定食。

こちらSABAR食堂は青森県八戸前沖さばを使っているそうで、通常のマサバより3割ほど大きく、脂質が25%以上のとろさばにこだわっているとか。。

ただでさえ美味しいサバ、これだけこだわったとろさばなら、一度試してみたいですねぇ。。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 飯田橋駅水道橋駅九段下駅

系列店の恵比寿「SABAR」には「サバサンド(734円)」や「トマト煮(734円)」「カリカリ揚げ(626円)」など、40種類以上ものサバ料理が楽しめるそうです。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 代官山駅恵比寿駅中目黒駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする