every「北関東こだわり焼きそば」で紹介の岩崎屋の黒焼きそば「特に名はない」に挑戦してみたい。

スポンサードリンク

今夜のevery、特集は「調べてみたらすごかった!北関東こだわり焼きそば」。

まずは埼玉県川越市にある太麺やきそば「まことや」の「ソースやきそば(並 350円)」から。

うどんのようなモチモチ極太麺を、豚・鶏のミンチで取った出汁でほぐしながら焼き、特製ウスターソースと中濃ソースを合わせたオリジナルソースをかけ、隠し味にしょう油を加えて炒めたのが、この”川越太麺焼きそば”。

SPONSORED LINK

なんでも終戦直後、少しでも腹持ちがいいようにと作られたのがこの太麺、だとか。

こちらのもう一つの人気メニューが「ミートソースやきそば(650円)」。焼きそばのソースは薄めでミートソースがうまくマッチしているそうです。

関連ランキング:焼きそば | 本川越駅川越市駅

続いて群馬県太田市。焼きそば専門店が50軒もあるという「焼きそばタウン」。

訪れたのは「岩崎屋」。お客さんが行列してます。

こちらの人気メニューは、面が真っ黒な「焼きそば(中 330円)」。面は平打ち極太、具材はキャベツのみ、でもこの価格でボリュームはたっぷり。。でも、黒い^^;。

ラードを敷いた鉄板に大量のキャベツ・麺を入れ、水をかけたら13分ほど蓋をして蒸し、その後特製ソースをかけてよく炒めたらまた4分ほど蒸して出来上がり。ちょっと変わった作り方ですが、肝心の「黒い」理由は秘密、らしいです(*^^*)

でもこの黒光りする焼きそば、ちょっと美味そう。。

で、驚いたのは「特に名はない」という謎?のメニュー。

現れたのは約1.5kgの超大盛り焼きそば(1,650円)。ただそれだけ^^;。でもコスパはいいかも。

関連ランキング:焼きそば | 治良門橋駅

お次は栃木県足利市、こちらも約30軒の焼きそば店がある「焼きそばの町」なんだそうです。

こちらの「高田焼きそば店」の名物?「ポテト入り焼きそば(並 400円)」はここ足利市では当たり前、なんだとか・・。

ポテトと焼きそば、なんかB級グルメに拍車がかかって、これはこれでビールと一緒に食べてみたい感じ。。

豚ガラと豚肉にしょう油・ザラメを加えてでとったスープが旨さの秘密。

ソースはミツハ・月星など地元メーカーのソース4種類をブレンドしたものを使うこだわり。

安いのに手間ひまかかってます。

関連ランキング:焼きそば | 足利駅

同じ栃木県は那須塩原市にも、大行列が出来る焼きそば店があるそうです。

それが「こばや食堂」。ラーメンのような「スープ入り焼きそば(並650円 大750円 特大850円)」が注文の9割!というお店です。

もういっそラーメンでいいじゃないかと^^;。でも味はあくまでも「焼きそば」だそうで、とにかく一度食べたらヤミツキ!なんだとか。

関連ランキング:定食・食堂 | 那須塩原市その他

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする