2016年の手帳は1日1ページEDIT SOUPLE スープル B6変型に決めた!。

スポンサードリンク

2016年の手帳選び

光陰矢の如し!今年も早11月。毎年この時期恒例の悩み、それは「来年の手帳選び」。

本屋さんへ行こうが、文具売り場を覗こうが、すぐ目に飛び込んでくるのが特設の「手帳売り場」。

なんせ20代の頃、一冊の手帳で実際人生変わったこのワタシ、手帳選びだけはお座なりには出来ません(キッパリ!)。

SPONSORED LINK

マンスリーやウイークリーなどの記入欄、手帳版にA7、B5などのサイズ、綴じ方、カラーに材質等々、もう種類がありすぎて、とても瞬時に決定出来ません、特に優柔不断なワタシには。。

でもそこは長年、あらゆるタイプの手帳を使い倒してきた経験を活かして、現在の自分にとって最適なパターンは絞られつつあります。

まずは「1日1ページ」タイプであること。

PCやスマホがこれだけ身近に発達した昨今ですが、日々の行動記録や思いついたアイデアなどは、やはり手書きで自由に書き殴りたい。

そうなると、やっぱり見開き週間タイプじゃ、紙面が狭すぎるんですよね。。

で、最近(ここ数年)はもっぱら「ほぼ日手帳」を活用させていただいておりましたが、ちょっと外側のデザインとか、微妙なサイズ感(縦横比)とか、なんか個人的に肌に合わなくなってきて・・。

そうなると、必然的に「書いたり」「読み直したり」の頻度が下がってしまったり・・・。

それじゃあ手帳の意味が無くなってしまうので、時折あれこれググったり雑誌を見たりして検討を重ねておりました。

なんせ「人生の羅針盤」ですからね、ワタシにとって「手帳」って。。

で、決定しました!2016年版手帳「EDIT 1日1ページ B6変型 1月始まり」に!!。

カバーと本体がジャストサイズな感じ、デイリーページの必要にして充分なデザイン、「人生の羅針盤化」を実現する年間・月間プランニングページの「わかってるね」感、さらに手帳の色選びに妥協することがない豊富なカラーなどなど、「もうこれしか無い!」と決断。

というわけで、年末の忙しさに振り回される前に、早めの目標設定&行動予定をあれこれ考えますかね。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする