2016年の仕事用手帳にESダイアリーを買った。サイズ・開きやすさが完璧。

スポンサードリンク

2016年の仕事用手帳はESダイアリーに決定

ちょっと前に来年の手帳としてEDiTの1日1ページ手帳を買ったのですが、やはりこれだと仕事のスケジュール(1週間を俯瞰して見る、予定を立てる)にはちょっと不向き。

まあ、毎日の出来事や気づいたこと、買い物メモなどにはEDiTが最適なのは間違いないのですが、仕事の予定となると、やっぱり1週間全体を眺めながら組みたいんですよねぇ。。

SPONSORED LINK

ということで大きめの文具店で大量の手帳をじっくり物色。

まあ相変わらずあるわあるわ、、サイズもデザインも紙面レイアウトも星の数ほど。。

昔はフランクリン・プランナーや著名人のノウハウが詰まったものなどいろいろ試した時代もありましたが、めんどくさがりなこのワタシ、結局それらのシステムを活かす使い方が出来ず、挫折。

フツーのシンプルな手帳がいいと。

ということであとはサイズ(大きすぎず小さすぎないB6)、それと左側1週間、右側メモ欄、というものに絞って再度物色。

ESダイアリーの週間ページ

で、気づいたのが手帳の開き方(というか綴じ方)。

ほとんどの手帳がフラットに開かないんですよね、あれ、すごく書きづらい・・・。

とにかく「フラットに開く手帳」をB6・見開き1週間という条件に加えると、大量の手帳群の中から「ダイゴー」と「ESダイアリー」の2つしかありませんでした(ワタシの見る限り)。

ESダイアリーの月間ページ

となれば、後は紙質や細かいレイアウトの違いだけをこの2つから選べば良いわけで、同じB6サイズの両者を並べじっくり検討。

結果、ESダイアリーに決定!。

理由は

1,用紙が王子製紙の上質紙「OKシュークリーム」を使用していて目に優しく書きやすそう。

2,週間の時間軸が横軸(ダイゴーは縦)なので予定を記入しやすい。

の2点。

職人さんがひとつひとつ製本したという「糸かがり製本」なので、ご覧の通り、フルフラットに開いてくれます。

糸かがり製本でフラットに開くESダイアリー
とにかくこのB6変というサイズ感も絶妙。B6より気持ち一回り小さい、この微妙なサイズがなんとも取り回し良いベストなサイズ。

2016年はこのESダイアリーを羅針盤として、バリバリ仕事したいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする