黄金伝説で即日完売グルメ!第1位は山形の中華そば。

スポンサードリンク

今夜の「いきなり!黄金伝説。」は、「行列のできる即日完売グルメ2016年冬最新BESTグルメ7」。

完売グルメ、さぞ美味しいんでしょうね♪。

選ぶのはフードアナリストの斎藤千晴・吉岡久夫・蔦洋子・伊能すみ子の4名。

まずは第7位から、カレーでご飯を挟むご当地カレー、あの上戸彩も美味いと絶賛したという福岡県北九州市の「BEAR FRUITS(ベアフルーツ)」。

21種類のスパイスにココナッツミルクとリンゴ・バナナを加え、牛バラ肉・鶏ガラ・タマネギ・人参・トマト・ニンニクを6時間以上煮込んだブイヨンを混ぜて煮込み、さらに2日ほど煮込んだカレー。

SPONSORED LINK

そのカレーを容器の下に敷き、ご飯・生卵・タマネギ・ピーマンを乗せ、再びルーをかけた上、ブイヨンで煮込んだ牛肉を乗せ、最後にチーズを乗せたら300℃のオーブンで10分焼いて完成!という、手間暇かかりまくりの「ビーフ入りスーパー焼カレー(1,050円)」、これはもう、美味くないわけがない!絶品カレーです。

ひしめく焼カレー専門店の中で、「焼カレーコンテスト第1位」なのもうなずけます。

第6位は外国人も殺到する京都の「佰食屋」。

こちらの「国産牛すき焼き定食(1,188円)」が完売グルメ。

黒毛和牛とホルスタインを掛け合わせた肉と、2mm幅にカットしたタマネギ、そして開発に1年かかったという割り下(さとう・みりん・蜂蜜、そしてモラセス(砂糖を作る際に出る糖蜜)を混ぜたもの)がこだわりなんだそうです。

続いて第5位、高知県民総選挙で2年連続第1位の明神丸ひろめ市場店塩たたき(中)900円」。

一本釣りのカツオを約1000℃の火力の藁で焼いてうまみを封じ込め、土佐の黒潮からとれた天日塩をかけた、これまた絶品タタキ。

にんにくとネギ、ゆず酢を付けて頂きます。これはもう、マジで飛行機乗ってでも食べに行きたい!。

お次第4位は1日25,000個も売れるという神奈川県伊勢原市にある寿雀卵生産直売三本松店の「寿雀卵Mサイズ(302円)」。

なんで卵が!?、そのヒミツは鶏の育て方。

年中18℃を理想として管理、不純物の少ない井戸の水、そして開発に20年かかったという小魚・海藻・牡蠣の化石を配合した餌、という、こだわりにこだわった育成方法で育った鶏から生まれる卵、そりゃさぞ美味いでしょう。

色・弾力ともに見事、卵かけご飯でも充分美味い!らしいです。

さていよいよ第3位、1ヶ月先まで予約満席という、東京練馬区の「焼肉問屋 牛蔵」の激安希少部位黒毛和牛

まずは最高級A5ランク黒毛和牛のカルビ(90g)が638円!、ロース塩(90g)も638円、ウーロン茶130円、冷麺・ビビンバ各550円、さらに通常5,000円というヒレ(90g)が1,394円!と超激安。

とも三角(90g)も1,070円、ざぶとん(90g)でさえ1,070円。全て黒毛和牛のA5ランク。

安さの理由は牛一頭買、店内カットと切れ端も惣菜に使う、など。それにしても安い!。

続いて第2位は、リピーター続出の愛知県名古屋市「割烹イチビキ」の「特上丼(3,500円)」。

3Pサイズの特大ウナギを蒸さずに焼き上げる関西風で、しかも硬くならないよう水をかけながら焼いたウナギをこれでもか!と乗せた限定60食の極上うなぎ丼です。

特上うなぎ1,5匹も入ったうな丼、これで3500円はコスパ最高ですね♪。

そして堂々の第1位は、人里離れた山形県鶴岡市にある「琴平荘」の「中華そば(あっさり 700円)」。

こちら「中華そば処」と銘打ってますが、じつは6月1日から9月30日までは旅館なんだそうです。

それはともかくこの「中華そば」、山形県産の鶏肉・鶏の足・豚肉を6時間煮込んで一晩寝かせ、タマネギと長ねぎを加え、トビウオの焼き干しのダシを加えたのが「Wスープ」が特徴。

そのWスープに醤油ベースのタレを合わせ、隠し味にスルメを加えたスープに、多加水麺を固茹でにした、あっさりラーメンが、とてつもなく美味いそうです。

旅館シーズンになっちゃう前に、ぜひ一度食べに行ってみたいですねぇ。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする