馬喰横山を正直さんぽ、あきらめー店は!?両面焼そばあぺたいとは今すぐ行きたい!

スポンサードリンク

今日の有吉くんの正直さんぽは、ゲストに井森美幸&ハライチ澤部の二人を迎えての、問屋街馬喰横山周辺をお散歩。

ワタシも遠い昔の学生時代、この辺りでアルバイトしていたことがありますが、問屋街だけに様々なプロの方々の往来が多いので、老舗のレストランや定食屋さんなど隠れたグルメの銘店が多い街でもあります。

そんな馬喰横山を散策する一行、やげん堀不動尊に興味を惹かれ向かうも、いきなり井森美幸さんが「美味しそう」と、親子丼のお店を発見!。

でも残念ながらまだ10時45分、ランチタイムは12時から。。

という訳で、再び「大本山川崎大師東京別院」のやげん堀不動尊(薬研堀不動院)へ・・。

SPONSORED LINK

細い階段を登り、まずは恒例生野アナの御朱印帳から。すると珍しいことに、有吉くんもこちらの御朱印帳の渋さを気に入り購入、ここから御朱印を始めることに。。

お参りを済ませた後振り返ると、正面のビルとビルの細い合間になんと!スカイツリーが。

これは正直凄い眺め。ちょっと感動モノです。

偶然とは言え、奇跡的な配置。これも「仏様のご縁」だとご住職。なるほどですねぇ。。

再び馬喰横山の街を歩き出した一行、不思議な壁?に興味津々、そこは「ラディウムーレントゲンヴェルケ」という画廊。

2階に上がると亀井徹作「花虫達」などのアートが・・・。この辺りは古くなった倉庫などをリニューアルした現代アートギャラリーが増えつつあるんだとか。。

そんなこんなでやっとお昼時、いよいよランチタイム♪。

まず有吉くんが見つけたのは「中華料理 帆」。トマト焼そばが美味しいお店だとか・・。

続いて見つけたのは「十割そばととり天の店 東京バッソ」。ちょっとお洒落なお蕎麦屋さん。

もう一軒探す一行が辿り着いたのは、ハンバーグ定食やとんかつ定食がいかにも美味しそうな「三福亭」。

さらにもう一軒、”両面焼そば”の看板が目立つ「あぺたいと」を発見、そのインパクトあるメニュー写真に全員一致で即決!店内へ。。

生野アナと井森美幸さんは「餃子セット(やきそば・餃子・半ライス・スープ付き)小1,050円・中1,250円・大1,450円」の小に半熟目玉(90円)をトッピング、ハライチ澤部は「チャーシュー丼セット(やきそば・チャーシュー丼・スープ付き)小1,050円・中1,250円・大1,450円」の小に目玉焼き、有吉くんは「ランチセット(やきそば・半ライス・スープ付き)小810円・中1,010円・大1,210円」の小に生卵をオーダー。

さらに生ビール(400円)をふたつオーダー、有吉くんと澤部の二人がグビグビと・・。

そして一行の目の前に現れた自家製麺を大釜で茹でた後、鉄板で両面焼いた焼そば、見るからに超ウマそう(*´ڡ`●)。

ボリュームもたっぷりでガッツリ満腹になれそうです。これは一度行ってみないと。。

関連ランキング:焼きそば | 馬喰町駅馬喰横山駅東日本橋駅

ということで今回のあきらめ~店、一軒目は「東京バッソ」。

オススメは十割そばの「田舎蕎麦」。なんと490円!という安さ。さらに訪れる客の7割が注文するという「とり天(小 200円 お蕎麦とセットで150円)」も。。

田舎蕎麦の他に、更科蕎麦・ダッタン蕎麦を選択出来るので、毎日でも飽きないんだとか。。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 馬喰町駅馬喰横山駅小伝馬町駅

お次のあきらめ~店は”ハンバーグ&とんかつ”の「三福亭」。創業明治28年の老舗洋食店。

こちらの「とんかつ定食(1,100円)」もひと目でウマいとわかる一品。

さらに一番人気の「ハンバーグ定食(1,100円)」は手間暇かけた手作りハンバーグとデミグラスソースがこれまた美味しそう。これだけで馬喰横山で働きたくなります^^;。

関連ランキング:とんかつ | 馬喰町駅馬喰横山駅東日本橋駅

最後は「中華料理 帆」。

こちらの名物は「エビとトマトのかた焼きそば(1,500円)」。

とろとろの野菜炒めを麺ではさみ、それを両面カリカリになるまで焼き、最後にどーんとトマトまるごと一個を乗せた変り種。

トマト好きならずとも一度は試したい、病みつきになりそうなかた焼きそばです。

関連ランキング:中華料理 | 馬喰町駅馬喰横山駅小伝馬町駅

まだまだ隠れた銘店が数々ありそうな馬喰横山、たまにはぶらぶら散策してみたくなりました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする