路地裏の名店、浜松町のハンコロは東MAXも絶賛の激ウマ定食!

スポンサードリンク

いや~、それにしても限りなく美味いものありすぎですよ、東京ってところは・・・。

今夜の日曜ビッグ「迷っても行きたい!路地裏の名店9」をほろ酔い気分で観てたら、もうどうしても今すぐ食べたくなってしまったのが、東MAXこと東貴博が訪れた、浜松町のとんかつ店「穂久斗(ほくと)」の人気No1メニュー「ハンコロ定食」。

SPONSORED LINK

ただでさえとんかつ定食大好物のこのワタシ、見るからに完璧(衣と肉に隙間なし!)なとんかつを提供するこのお店、常に満席外は行列!、でもそのとんかつ定食を遥かに凌ぐ人気のこの「ハンコロ定食」、正式には「ハンバーグ&コロッケ定食(900円)」。

もうね、見ただけでわかります、間違いなく激しく美味い!オーラです。

牛スジ肉と野菜を30分炒め、5時間かけて作った自家製のルーを加えて灰汁を取りながら5時間煮込み、さらに数種類の香辛料・ケチャップなどで味付けし、最後に赤ワインを足しながら1時間かけてこした、10時間以上の時間をかけて作るデミグラスソースをかけたハンバーグ。

そして小麦粉・バターを30分炒め、牛乳を加え1時間以上まぜ合わせ、さらに炒めたタマネギ・エビを加えて作ったタネをラード100%の油で揚げた極上クリームコロッケ。

この2つが一度に食べられるこのハンコロ定食、あ”~、これだけのために、マジで浜松町で働きたい!!。

やっぱり美味いものって陰で想像以上の手間暇、かかってるんですねぇ。。

関連ランキング:洋食 | 大門駅御成門駅浜松町駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする