解決スイッチ、太りにくくなるちょい足し食材とは!?

スポンサードリンク

3月14日ホワイドデーの解決スイッチは、「太りにくくなるちょい足し食材」がテーマ。

ゲストの保田圭さんと共に紹介してくれるのは、ダイエットに精通している、おなじみ秋津医院院長の秋津壽男先生。

まず二人が訪れたのは日本橋の老舗「八木長本店」。鰹節などの専門店です。

代表の西山麻美子さんによると、「カツオ節」は筑前煮などの煮物用、「マグロ節」はお煮しめなど、「サバ節」はコクがあるのでそばなどにと、それぞれ用途が違うそうです。

というわけで、ひとつめの「太りにくいちょい足し食材」は「カツオ節」。

SPONSORED LINK

秋津先生によると、こうしたカツオ節類にはアミノ酸の一種「ヒスチジン」という成分が含まれていて、これが体内に入ると代謝され「ヒスタミン」に変わり、それが脳の満腹中枢を刺激、結果早く満腹感が得られるんだとか。。

さらにカツオ節のようにドライにすることにより、ミネラル、特にマグネシウムが凄く凝縮されるそうで、マグネシウムが体の中の酵素を助け(補酵素)、代謝が促進され太りにくい体にしてくれるんだとか。骨粗しょう症の予防にもなるらしい。。

ダイエットにも効果があって料理も美味しくなり、手で摘んでかけるだけ、のカツオ節、言う事なし!なちょい足し食材なんですねぇ。。

例えば「カレーライス」にカツオ節をちょい足しすば、その効果と共に辛さも少し和らぎ、味に深みが。

カップラーメン」にちょい足しすれば、魚介系スープ風味にと、ひと味美味しくなる効果も。

カツオ節の凄い効果を学んだ後、二人は赤羽へ。

もうひとつの「太りにくいちょい足し食材」を体験するために「麺処 夏海」でラーメンを食べると秋津先生。

関連ランキング:ラーメン | 赤羽駅赤羽岩淵駅

ラーメン食べても太らない?それは朗報です^^;、さて一体、どんなちょい足し、なんでしょうか!?。

秋津先生が注文したのは、一番人気の「豊穣清湯(ほうじょうちんたん)醤油ラーメン(750円)」。

豚・鶏・魚介のトリプルスープに中細縮れ麺、見るからにウマそうな醤油ラーメンです。

で、このラーメンにどんな秘密が?。それは「ショウガ」。

スープに大量のショウガが入っているというこの醤油ラーメン、ズンドウに1kgものショウガを入れているそうです。

秋津先生によると、ショウガの香り成分にジンゲロールというものがあり、熱を加えるとショウガオールという別の成分に変わるそうで、それが代謝UPになるんだとか。。

つまりダイエットには「温めたショウガ」をちょい足しするのがいいんですね。

例えば「紅茶」にスライスしたショウガを入れたり、焼酎のお湯割りにショウガ、なんていうのもOKだとか。

さらには「カレーライス」にちょい足しすればスパイシーさが増し専門店の味に、「ナポリタン」にちょい足しすればケチャップの酸味が和らぎ味が引き締まるなど、ダイエット効果だけじゃなく味も良くなる一石二鳥。

これはいい話聞きました。早速色んなモノにカツオ節とショウガ、ちょい足しして美味しくダイエット!に励みたいと思います(*^^*)。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする