西新橋のオフィス街をじゅん散歩、最新のカプセルホテルと日本酒のきき酒に大満足。

スポンサードリンク

今日のじゅん散歩は西新橋、愛宕神社前からのスタートです。

江戸時代の高松藩士「曲垣平九郎」という武士が馬で駆け上がったことで「馬術の名人」として名声を得たことから「出世の石段」と呼ばれるようになったという、あの長い石段を後にオフィス街へ。。

「FIRST CABIN」という飛行機の絵柄が入った看板を見つけて興味津々の純次さん、中へ入ったのは「ファーストキャビン愛宕山」という超オシャレなニュータイプのカプセルホテル。

SPONSORED LINK

CAさんのような受付嬢、ハイセンスなバーやラウンジ、男女別フロアというセキュリティ、そして何よりもカプセルホテルのイメージとはかけ離れた高級感あふれる部屋。

ファーストクラスとビジネスクラスがあり、ファーストクラスで一泊6,800円

ちなみにビジネスクラスは一泊5,800円、千円違いなら、倍くらい広い室内のファーストクラスに泊まりたいですねぇ。。

キレイで広い大浴場もあり、さらに700円でパン食べ放題のモーニングビュッフェも。

もうここのバーでたっぷり飲んでそのまま宿泊、一度やってみたくなりました^^。

続いて日比谷通り方面へ向かい、「日本の酒情報館 SAKE PLAZA」へ。。

日本全国のお酒がズラリと並んでいて圧巻。しかも利き酒(5銘柄540円)もできるとか。知りませんでしたねぇ、こんな場所があったとは・・・。

なんか急に魅力的な街に感じてしまいました、西新橋。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする