男子ごはん、キノコとタコの炊き込みごはんに戻りガツオの漬け焼きで夏の疲れを吹っ飛ばす!

スポンサードリンク

いよいよ食欲の秋!今日の男子ごはんは”旬のキノコをふんだんに使った、秋の和定食!”。

ということで「戻りガツオの漬け焼き キノコソース」と「キノコとタコの炊き込みごはん」、そして「なめこと豆腐の赤だし」の3つを心平ちゃんが作ってくれます。

まず一品目は「キノコとタコの炊き込みごはん」から。。

材料(2~3人分)は、

米2合、かつおだし適量、茹でタコ200g、しめじ1/2パック、しいたけ2個、酒・薄口しょうゆ各大さじ1、みりん大さじ2、塩小さじ1/2、絹さや(塩ゆでしたもの)6~8本

まずはタコを1cm角にカット、しめじとしいたけの石づきを落とし粗みじん切りに。

かつおだしに塩・薄口しょうゆ・みりん・酒を上記分量合わせ、320ccにします。

炊飯器に米・タコ・しめじ・しいたけを入れ、だしを加えて炊きます。

お次は「なめこと豆腐の赤だし」作り。

SPONSORED LINK

材料(2人分)は、

かつおだし600cc、なめこ1袋、豆腐1/2丁、三つ葉(刻んだもの)適量、赤味噌大さじ2.5、山椒粉適量

まずは鍋にかつおだしを入れ、沸いたらなめこを投入、なめこの周りが少し透明になったら赤味噌を溶き入れ、豆腐を崩しながら加えてひと煮立ち。仕上げに三つ葉と山椒をふったら完成!。

続いては「戻りガツオの漬け焼き」です。

材料(2人分)は、

刺身用カツオ250g、しょうゆ大さじ3、みりん大さじ1.5、酒大さじ1、片栗粉適量、サラダ油大さじ1.5、赤パプリカ(細切り)・かいわれ大根・大根おろし各適量

『キノコソース』

しめじ1/3パック、しいたけ2個(40g)、ショウガ(みじん切り)1片分、水1/4カップ、片栗粉小さじ1/2、ごま油小さじ1

まずはしめじ・しいたけの石づきを落とし粗みじん切りに。

ボウルでしょうゆ・酒・みりんを合わせ、漬けダレを作ります。

カツオを斜め2cmの厚さにカット、漬けダレに20~30分ほどラップをして漬けます。

漬けたカツオの汁気をキッチンペーパーで拭き、片栗粉をまぶします。

熱したフライパンにサラダ油をひいたらカツオを並べ、蓋をして弱めの中火で両面を焼きます。

途中で油が少なくなったらその都度サラダ油を足しながら焼きます。

こんがり焼けたらバットに取り出します。

続いて「キノコソース」作り・・。

残った漬けダレに水1/4カップを加え、片栗粉を加えてよく混ぜます。

熱したフライパンにごま油をひき、ショウガを加えて炒め、刻んだしめじ・しいたけを加え、しんなりするまで炒めたら、先程の漬けダレを投入、とろみがつくまで煮詰めます。

器にかいわれ大根・赤パプリカを添え、カツオを持ってキノコソースをかけ、最後に大根おろしを添えれば出来上がり!。

これはもう、夏の暑さと大量に飲んだビールで疲れた胃袋に最高の和定食(*´ڡ`●)。

またまたビール、飲んじゃいそうです^^;。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする