男子ごはん、超簡単ぶっかけ飯は10分以内に作れる激ウマ簡単メシ!

スポンサードリンク

今日の男子ごはんは「超簡単&”さささっ”と食べられる!絶品ぶっかけ飯」3品、

「ひき肉玉子とじ飯、高菜香味炒め飯、メカジキのにんにくスープ飯」

を一挙紹介!

「10分以内で作れる!」と豪語した心平ちゃん、ストップウォッチを用意する太一クン。

はたして結果は!?。

ということでまず一品目の”ぶっかけ飯”は「ひき肉卵とじ飯」。調理目標タイム8分!。

材料(2人分)は、

合いびき肉200g、卵2個、しょうが(みじん切り)1片、しょうゆ大さじ2、みりん・酒各大さじ1、砂糖小さじ2、かつおだし100cc、片栗粉・水各小さじ1、万能ねぎ(小口切り)・白コショウ・紅しょうが各適量、温かいごはん2人分

まずはフライパンを火にかけ、卵2個をボウルで溶いたら、かつおだしにしょうゆ・みりん・酒・砂糖を上記分量加えて混ぜます。

SPONSORED LINK

熱したフライパンに油をひかずにひき肉を入れ強火で炒め、半分ほど火が通ったらみじん切りのしょうがを加え、さらにほぐしながら炒めます。

先ほどの合わせ調味料を投入し、しばらく煮込んだら、水溶き片栗粉を加えて素早く混ぜあわせます。

そこへ先ほど溶いておいた卵を投入、蓋をして弱めの中火で加熱します。

お椀にご飯を盛ったらフライパンのひき肉卵とじを乗せ、仕上げに万能ねぎ・紅しょうがを乗せ、白コショウを振ったら完成!。

実調理時間は7分ジャスト!。

さて続いての”超簡単ぶっかけ飯”は「高菜香味炒め飯」の作り方。

材料(2人分)は、

高菜100g、しいたけ3個(50g)、しょうが(みじん切り)1片、枝豆(塩茹でしたもの)150g、レタス2枚、しょうゆ大さじ1/2、酒大さじ1、ごま油大さじ1、温かいごはん2人分

まずは高菜を水洗いして水分をしぼったらみじん切りに。

枝豆をさやから取り出し、しいたけの石づきを取りみじん切りに、レタスを細切りにカット。

熱したフライパンにごま油を引いたらみじん切りのしょうがを加えて中火で炒めます。

5分経ったら先ほどのしいたけ・高菜・枝豆を加えてよく炒め、酒を加えてしばらく炒めたらしょうゆで味を整えます。

お椀に盛ったごはんに細切りレタスを敷き、その上に炒めた具材を乗せれば完成!。

実調理時間8分14秒!。お見事!。

さて最後の三品目は「メカジキのにんにくスープ飯」!。

材料(2人分)は、

メカジキ1切れ(120g)、長ねぎ5cm、にんにく1片、塩適量、薄口しょうゆ大さじ1、酒大さじ1、かつおだし400cc、片栗粉適量、黒こしょう適量、ごま油大さじ1/2、温かいごはん2人分

まずはメカジキを半分にカット、塩と黒こしょうを振って5分ほど置いておきます。

にんにくを薄切りに、長ネギをみじん切りにしたらフライパンを熱してごま油を引きます。

5分寝かせたメカジキに片栗粉をまぶし、中火のフライパンで焼きます。

焼き目がついたらひっくり返し、にんにくを加えてさらに焼きます。

両面に焼き目がついたらかつおだしを投入、酒・薄口しょうゆを加えて味見、塩で調味します。

ごはんの上にメカジキを乗せ、その後スープをかけて長ネギのみじん切りをかければ完成!。

実調理時間9分48秒ギリギリセーフ!!。全て10分以内に完成!これは確かに超簡単メシ。

特に最後のにんにくスープ飯は夏バテ気味の胃袋が喜びそう(*^_^*)。

枝豆入りの高菜香味炒め飯もビールのお供にもなりそうで、早速作ってみますかね♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする