男子ごはん、家庭で作れる本格スペイン料理を冷たいワインのお供に!

スポンサードリンク

今日の男子ごはんは「お家でできる!本格スペイン料理」。

バスク地方の絶品スペイン料理レシピを紹介してくれるという心平ちゃん、まず1品目は、

「エビとマッシュルームのプランチャ」。

材料(2~3人分)は、

エビ12尾、マッシュルーム9個、パプリカパウダー適量、にんにく(半分に切る)1個、生ハム2枚、オリーブ油適量、塩・黒コショウ適量

【ソース】

玉ねぎ70g、トマト小1個、ピーマン1/2個、オリーブ油小さじ1、塩小さじ1/2

まずはピーマン・玉ねぎ・トマトをみじん切りに、トマトとピーマンをボウルへ、玉ねぎは水にさらしておきます。

SPONSORED LINK

マッシュルームの石づきを取って3個ずつ竹串に刺し、生ハムを一口サイズにちぎって塩・黒コショウを少々振っておきます。

エビの殻をむいて背わたを取り除き、3尾ずつ竹串に刺し、塩小さじ1/3・黒コショウ適量で下味をつけ、パプリカパウダーを振ります。

水気を切った玉ねぎをトマト・ピーマンの入ったボウルに加え、オリーブ油小さじ1・塩小さじ1/2を加えてよく混ぜてソースの出来上がり。

熱したフライパンにオリーブ油(大さじ1.5)を引いたらニンニク(半片)を炒め、香りが出てきたら串刺ししたエビを並べ、強火で両面を焼きます。

焼き過ぎに注意しつつ、充分火が通ったらお皿に持ってソースをかければ完成!。

続いて同じフライパンで再びにんにくを炒めたらマッシュルームを並べて、蓋をして焼きます。

焼き上がったらお皿に持って生ハムを乗せればマッシュルームも完成!。

これはウマそう(*^^*)。ビールが欲しくなりますねぇ・・。

続いて二品目は「赤パプリカのマリネ」と「イカの墨煮」。

材料(2人分)は、

赤パプリカ2個、にんにく(みじん切り)1片、塩小さじ1/2、白ワインビネガー大さじ1/2、オリーブ油適量

まずは赤パプリカのヘタを取り、縦半分に切って種を取ったらグリルで6分ほど焼き目が付くまで焼きます。

焼き上がったらラップで包み600wの電子レンジでさらに5分加熱します。

加熱が終わったらラップをはずし、冷水で冷やしながら皮をむき、縦に千切りにし、キッチンペーパーで水気を切っておきます。

熱したフライパンにオリーブ油大さじ1を引いてにんにくみじん切り1片を加えて炒め、香りが立ったら赤パプリカを加えて塩小さじ1/2を振ってよく炒めます。

よく炒めたらバットに取り出して粗熱をとり、白ワインビネガーを加えてよく混ぜたら完成!。後は食前まで冷蔵庫で冷やしておきます。

続いて「イカの墨煮」。

材料(2人分)は、

墨イカ2杯、にんじん45g、玉ねぎ1/4個、イタリアンパセリ適量、にんにく(みじん切り)1片、ローリエ1枚、コンソメ(顆粒)小さじ1/2、水200cc、白ワイン大さじ1/2、塩小さじ1/2、薄力粉小さじ1、バター10g、オリーブ油大さじ1.5

まずは玉ねぎ・ニンジン・イタリアンパセリをみじん切りに。

墨イカの胴に指を入れ内蔵をはずし、胴と足に分けたら墨袋を取り出し、軟骨・口ばしを取り除きます。

水200ccにコンソメ顆粒をあわせ、バターを電子レンジで溶かし薄力粉とよく混ぜます。

熱したフライパンにオリーブ油を引いたらにんにくを炒め、香りが出たらニンジン・玉ねぎのみじん切りを強火で炒めながらローリエを加えます。

しんなりしてきたらイカを投入、再びよく炒め、油が回ったら先ほどのコンソメと白ワインを加え、さらにイカから取り出した墨も加えて蓋をし、5分ほど煮込みます。

その後イカのみを取り出して器に盛ったら、フライパンに残った汁に塩小さじ1/2とバターと薄力粉を混ぜたものを加えて少し煮詰めてソースに。。

最後にこのソースをイカにかけ、イタリアンパセリを振ったら出来上がり!。

冷蔵庫から赤パプリカのマリネを出し、器に盛ってオリーブ油少々を回しかければすべて完成!。

こんなに手軽にスペイン料理が家庭で出来るとは。。

それにしても「赤パプリカのマリネ」はかなり激ウマ!だそうです。

これだけでもちょっとやってみますかね、ワインのおつまみに・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする