男子ごはん、夏野菜シーフードカレーとグレープフルーツ&ズッキーニサラダで夏を乗り越える!

スポンサードリンク

今日の男子ごはんは「旬の夏野菜と魚介のシーフードカレー&グレープフルーツとズッキーニのサラダ」レシピ!。

暑い夏はカレー!鉄板ですねぇ。。

というわけで、まずはシーフードカレーの材料(4人分)から。

有頭エビ8尾、アサリ(砂抜き済)250g、イカ1~2杯(300g)、赤パプリカ1/2個、ナス1本、ズッキーニ1/2本、カレールウ4片、にんにく2片、ローリエ1枚、カレー粉小さじ1、ウスターソース大さじ1/2、白ワイン大さじ2、バター10g、薄力粉大さじ1、オリーブ油大さじ5、水1リットル、塩適量、温かいごはん4人分

早速下ごしらえから。

まずはエビの頭を取り殻をむき、頭と殻は別にとっておきます。

イカの胴に指を入れ内蔵を取り、胴と足に分け、くちばしを取り除いて1cm幅にカットします。

熱したフライパンに潰したにんにくを入れ、オリーブ油を引き、香りが立ったらエビの殻と頭を投入、強火でザッと炒めます。

SPONSORED LINK

油が回ったらアサリを加えよく炒めます。

続いて白ワインと水、ローリエを加えて蓋をして、煮立たせます。

沸いてきたら火を弱め、エビの頭を潰しつつ10分ほど煮込みます。

その間野菜の下ごしらえ。

赤パプリカを半分にカットしてから縦1cm幅に切り、ズッキーニを5mm厚の半月切りに。

ナスのヘタを取り、5mmの厚さにカット。

10分経ったフライパンの中身をザルでこし、アサリの身だけを取り出したらエビの殻とアサリの殻を抑えて絞り、スープをとります。

取ったスープとアサリの身を鍋に入れれば、シーフードカレーのベースだしの出来上がり。

続いて「グレープフルーツとズッキーニのサラダ」作り。

材料(2人分)は、

グレープフルーツ1個、ズッキーニ1/2本、白ワインビネガー大さじ1/2、オリーブ油大さじ1/2、塩ひとつまみ、パルミジャーノ・レッジャーノ適量

まずはズッキーニを薄く輪切りに、グレープフルーツの皮を剥いで薄皮に沿って包丁を入れ、実を取り出します。

2、3等分にカットしたグレープフルーツの実と薄切りにしたズッキーニをボウルに入れ、塩・オリーブ油・白ワインビネガーを加え和えます。

パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろしてふりかけ、よく和えて完成!。

最後にシーフードカレーの仕上げ。

先ほどのスープだしの鍋を火にかけ、沸々としてきたらカレールウを加え混ぜます。

ルウが溶けたらウスターソースとカレー粉を加え、溶かしたバターと薄力粉を加えてよく混ぜたものを加えて混ぜればカレーの完成。

エビの身を背開きにして背ワタを取り除き、塩を振ってよく揉み込みます。

イカにも同様に塩を振ってよく揉んでおきます。

熱したフライパンにオリーブ油(大さじ1.5)を引いて、先ほどカットしたナスを炒め、焼色が付いたらさらにオリーブ油(大さじ1.5)を足してズッキーニ・赤パプリカの順に加えて炒めます。

最後に塩小さじ1/4を振って炒めて完了、別に移しておきます。

フライパンにオリーブ油(大さじ1/2)を足してイカを炒め、火が通ったらバットにあげ、さらにフライパンにオリーブ油(大さじ1/2)を足しエビを炒め、蓋をします。

先ほどのカレーの鍋に塩(小さじ1/3)を振り、混ぜます。

さて、いよいよ盛りつけ。

器に盛ったごはんに炒めた野菜・魚介を乗せ、最後にカレーをかければ、絶品シーフードカレーの出来上がり!。

これは食欲バリ湧きの夏メニュー!!。

エアコンつけずに冷たいビールと一緒にガッツリ頂きたくなる、そんなカレーとサラダでした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする