男子ごはん、和風チャーハン&ギョーザは文句なしの最強セット!

スポンサードリンク

今日の男子ごはんは、男子が最も大好きな組み合わせ「チャーギョー」です\(^o^)/。

過去にも何度か特集されましたが、今回は「めんつゆを使った和風のチャーハン&餃子」です。

というわけで早速「和風餃子」の下ごしらえ。

材料(2人分)は、

鶏ももひき肉250g、万能ねぎ1/2束、しいたけ3個(50g)、しょうゆ・みりん・酒各大さじ1、片栗粉適量、塩小さじ1/3、しょうが1片、餃子の皮1袋、サラダ油適量、水50g

まずはネギを小口切りに、しょうがは皮を剥きみじん切りに。しいたけもみじん切りにしてボウルにまとめ、鶏挽き肉・片栗粉・塩・酒・みりん・しょうゆを上記分量で一気に投入、粘り気が出るまでよく混ぜます。

SPONSORED LINK

これを餃子の皮に乗せ、ふちに水を付けたらひだを作りながら閉じます。

これで餃子の下ごしらえは完了。

続いて「三つ葉だれ」の作り方。

材料(2人分)は、

めんつゆ・酢各適量、三つ葉1束、白こしょう適量

まずは三つ葉を1センチ幅に刻んで、めんつゆ・酢を混ぜ合わせたら、白こしょうを加えて三つ葉を添えて完成。

さてお次は「和風チャーハン」のレシピです。

材料(2人分)は、

ごはん茶碗2杯分(約400g)、しめじ1/2パック、ししとう10本、ちくわ大1/2本、しらす40g、卵2個、めんつゆ大さじ1、しょうが(みじん切り)1片、塩小さじ1/2、かつお節・紅しょうが各適量、サラダ油大さじ1.5、黒こしょう適量

まず大切なのはごはんの炊き方。ちょっと堅めに炊くのがパラパラチャーハンになるコツ、なんだとか。。

しめじの石づきを落とし2cm幅にカット、ししとうのヘタも落とし1.5cm幅にカットします。

ちくわは薄くいちょう切りに、卵をよく溶いて下ごしらえ完了。

熱したフライパンにサラダ油を引いたら、しょうがを中火で炒め香りが立ったら卵を投入、軽く混ぜます。

卵が半熟になったらごはんを加え、かるくほぐしつつ強火で炒めます。

パラっとしてきたところで、しめじ・ししとうを加えてさらに炒め、ししとうに火が通って油がからんだらちくわを加えてさらに炒めます。

しらすを加えてよく炒め合わせたら、塩・黒コショウを加えて味を整えます。

よく混ぜて味を行き渡らせたらごはんをフライパンの片方に寄せ、空いた所へめんつゆ大さじ1を加えて軽く水分を飛ばした後、全体を炒め合わせます。

これで「和風チャーハン」の完成です!。

先ほど作った餃子の底に片栗粉を適量つけながらフライパンに並べ、サラダ油(小さじ1)を回し入れて強火にかけます。

ジュージューしてきたら水(50cc)を加え蓋をします。

その間に炒めたチャーハンを器に盛り、最後にかつお節と紅しょうがを添えて準備万端に^^

焼き上がった餃子も皿に移して三つ葉だれを添えれば「和風チャーギョー」の完成!!。

これはもう何も言う事なし!ただただビールとチャーハン、ギョーザのローテーションを繰り返すだけ(*´ڡ`●)。

男子至福のひと時、です。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする