男子ごはん、ブラジル家庭料理のエストロゴノッフィとパステウをブラジルビールと共に。

スポンサードリンク

今日の男子ごはんはブラジル家庭料理!。暑い夏には持って来いですねぇ。。

さて一品目はトマトソースと生クリームで牛肉を煮込んだ「エストロゴノッフィ」から。

材料(4人分)は、

牛もも肉360g、水700cc、生クリーム100cc、ホールトマト1缶、にんにく(みじん切り)2片、ローリエ2枚、白ワイン大さじ1、オリーブ油大さじ1、片栗粉・水各大さじ1/2、温かいごはん4人分、塩・黒こしょう・パプリカ粉・好みのレタス各適量

『ポテト』

じゃがいも2個、強力粉・揚げ油・塩各適量

まずは牛もも肉を一口大にカット、塩・黒こしょうを振って熱してオリーブ油を引いたフライパンで焼きます(強火)。

SPONSORED LINK

みじん切りのにんにくを加え炒め、肉に香りが付いたら鍋に移し替え、水700ccと白ワイン、ローリエを加えて中火で煮込みます。

ふつふつしてきたら火を弱めて蓋をして20分煮込み、その後ホールトマトを投入し再び蓋をして30分煮込みます。

その間、ブラジル料理に欠かせないソース「モーリョ・ヴィナグレッチ」作り。

材料(2人分)は、

トマト1/4個、ピーマン1/2個、玉ねぎ1/16個、白ワインビネガー大さじ1/2、オリーブ油大さじ1、塩少々

まずはピーマンの種を取り、みじん切りに。玉ねぎもみじん切りにします。

トマトを5mm角にカットしたら、それらをボウルに入れ、白ワインビネガー・オリーブ油・塩を上記分量加えて和えたら完成。

30分経過した先ほどの鍋に生クリーム100ccを加え、沸いたら蓋をしてさらに20分ほど煮ます。

20分経過したら塩小さじ2/3を加え、片栗粉と水各大さじ1/2を混ぜて投入、とろみをつけたら出来上がり!。

続いてはブラジル定番のスナック「パステウ」作り。

材料(2人分)は、

合いびき肉100g、春巻の皮小4枚、玉ねぎ1/4個、クミン・塩各小さじ1/4、にんにく(みじん切り)1片、白ワイン大さじ1、ピザ用チーズ50g、バジル3枚、薄力粉・水各大さじ1、オリーブ油大さじ1、好みのレタス適量

まずは玉ねぎ・バジルをみじん切りに、熱したフライパンにオリーブ油を引いてにんにくのみじん切りを炒めます。

香りが立ったら合いびき肉を加え軽く炒めたら、玉ねぎのみじん切りを加えてさらに炒めます。

玉ねぎに火が通ったら白ワイン・塩・クミンを投入、さらにバジルのみじん切りを加えてザッと炒めてからバットに移し熱をさまします。

粗熱が取れたら春巻の皮に乗せ、その上にチーズを乗せたら薄力粉と水を混ぜたノリを皮の縁に塗って皮を二つ折りにして閉じます。

鍋に油を入れ約180度に熱し、そこへ投入。きつね色になってきたらひっくり返し両面を揚げます。

全体がきつね色になった時点で鍋から取り出し、レタスの上に盛り付けて完成!。

最後に「エストロゴノッフィ」に必須のポテトフライ作り。

じゃがいもを千切りにし水にさらし、水気をしっかり拭いたら強力粉をまぶします。

それを180度に熱した油できつね色になるまで揚げ、塩を振ったら出来上がり。

仕上げはお皿にレタスを敷き、小鉢に「モーリョ・ヴィナグレッチ」を入れて乗せ、ごはんを盛ったら「エストロゴノッフィ」をかけ、ポテトフライを乗せパプリカ粉を振ったら出来上がり!。

これは見ただけでテンションアゲアゲな料理。キンキンに冷えたビールとともにガッツリ行きたいですねぇ。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする