男子ごはん、サバづくし3品に国分太一クンまじで大絶賛!

スポンサードリンク

今日の男子ごはん、レシピは「サバづくし!塩サバごはん&揚げサバの黒酢だれ&サバのすり流し」。

サバは今が旬!ですからね、それに不飽和脂肪酸と呼ばれるEPAも豊富で動脈硬化予防にもいいし、なんといっても美味しいですからね、たっぷり食べたいものです。

SPONSORED LINK

で、早速一品目は「サバのすりながし汁」から。

材料(2人分)は、

サバ半身、だし汁(かつお)600cc、れんこん100g、にんじん50g、おろししょうが適量、酒・みりん各大さじ1、薄口しょうゆ大さじ1、塩小さじ1/2、三つ葉適量

「すりながし汁」とは、具材をすりつぶし、だし汁でのばし、すまし または味噌仕立てにした汁物、だそうです。

まずはれんこんを薄いいちょう切りにし、にんじんの皮をむき薄い半月切りに。

鍋にだし汁(600cc)、れんこん、にんじんを投入、強めの中火で5分煮る。

その間、サバの切り身を、血合いを残してスプーンでこそぎ、包丁でたたく。

先ほどの鍋に酒・みりん・薄口しょうゆ・塩を加えて味を調え、おろししょうがを加える。

そのだし汁を、さきほどこそいですり鉢に入れたサバの身にお玉3杯ほど加え、臭みを消す。

さらにすりこぎでサバを潰すように混ぜ、そぼろ状にする。

それを鍋のだし汁に戻し、沸騰させる。

最後に味見をし、塩。醤油などで調味したら、三つ葉を入れて完成。

お次は「塩サバと野沢菜のせごはん」。

材料(2人分)は

塩サバ半身、野沢菜適量、温かいごはん適量

たったこれだけ^^;。簡単そう・・・。

ポイントは「塩サバ」を使うこと。

まずは塩サバをグリルで焼く。野沢菜を粗みじんに切り、水気を絞る。

焼き上がった塩サバから骨を取り除きほぐし、野沢菜を乗せたごはんに乗せれば完成。

最後は「黒酢だれの揚げサバ」。

材料(2人分)は、

サバ(3枚おろし)1尾分、長ねぎ1本、れんこん40g、黒酢70cc、オイスターソース小さじ1、しょうゆ大さじ1/2、砂糖大さじ1、塩小さじ1/2、片栗粉適量、黒こしょう適量、揚げ油適量

まずはれんこん、皮をむいたら3ミリの薄さにカット、サバには塩・黒こしょうを降る。

長ねぎは5cmの長さにカット。カットしたれんこんを水にさらしておく。

揚げ油を中温に熱して長ねぎを強めの中火でサッと揚げ、塩コショウをしたサバに片栗粉をまぶし、揚げ油で中火で揚げる。

サバの表面がカリッときつね色になったら(気持ち早めに)取り出す。

れんこんを水から取り出し水気を拭き、片栗粉をまぶして揚げる。

黒酢・砂糖・オイスターソース・しょうゆを上記分量合わせてよく混ぜ、フライパンで火にかけ、ふつふつとしてきたら、サバとネギを投入。

最後に揚げたれんこんを乗せて完成。

ごはんもおかずも汁物もぜ~んぶ、サバ。こりゃサバ好きにはたまらん(*´ڡ`●)。

太一クンも大絶賛!なさばづくし定食、近所の定食屋で出してくれないかなぁ。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする