男子ごはん、カツオの絶品極旨レシピを心平ちゃんの姉、友さんが披露!

スポンサードリンク

今日の男子ごはんは心平ちゃんのお姉さん、栗原友さんをゲストに迎えて「旬のカツオを使った絶品極旨レシピ」。

ということでちょっとやりずらそうな心平ちゃん^^;、まずは「カツオのタルタル」のレシピを友さんが披露。

材料(2~3人分)は、

カツオ(刺身)150g、きゅうり1/2本、ケッパー小さじ1、万能ねぎ1/2本、マスタード・粒マスタード各小さじ1、マヨネーズ小さじ1、赤玉ねぎ15g、バジル1枚、塩少々、アボカド1/4個、ブロッコリースプラウト適量、エキストラヴァージンオリーブ油適量、バゲット適量

まずはきゅうりをピーラーで皮むき縦半分にカット、スプーン等で種を取り除き、みじん切りに。

万能ねぎを小口切りに、赤玉ねぎはみじん切りにして水にさらしておきます。

水気を切った赤玉ねぎと小口切りした万能ねぎをボウルに入れ、ケッパーを軽く刻んでおきます。

SPONSORED LINK

カツオの刺身を煮崩れしないように丁寧に細かくカット、血合いを取り除き、先ほどのボウルに投入、粒マスタードとマスタードも加えます。

さらにマヨネーズとエキストラヴァージンオリーブ油、塩を加えよく混ぜ、刻んだバジルも加え、お皿に盛ります。

食べやすい大きさにカットしたアボカドとブロッコリースプラウトを乗せたら完成!。

これをバゲットに乗せて食べると最高に旨い!そうです。

続いては余ったカツオのたたきを使った「2種類のソースで食べるカツレツ」。

材料(2~3人分)は、

カツオ(たたきの柵)200g、卵1個、小麦粉大さじ2、パン粉適量、塩・黒こしょう各少々、揚げ油適量、キャベツ千切り適量

『タルタルソース』

ゆで卵2個、玉ねぎ(みじん切り)1/8個、らっきょう4粒、マヨネーズ大さじ3、カレー粉小さじ1、塩少々

『トマトソース』

玉ねぎ(みじん切り)1/8個、ミニトマト8個、はちみつ・塩各小さじ1/2、エキストラヴァージンオリーブ油大さじ1

まずはソース作りから。

ミニトマトのヘタを取り細かくカット、玉ねぎを極みじん切りにして水にさらしておきます。

らっきょうを粗みじん切りに。

ゆで卵の白身をおろし金ですりおろし、黄身を手でほぐしてマヨネーズ・カレー粉・塩と共にボウルでよく混ぜます。

水にさらしておいた玉ねぎの水気を切って、ミニトマトとゆで卵の両方に加えて混ぜます。

これでまずは「カレー風味のタルタルソース」の出来上がり。

続いてトマトソースにはちみつ・エキストラヴァージンオリーブ油・塩を加えて混ぜれば「トマトソース」の完成。

お次はカツオを1cmの厚さにカット、塩・黒こしょうを振って下味をつけたら、小麦粉・溶き卵(1個分)・パン粉の順で付けていきます。

190℃の揚げ油で表面がきつね色になるまで揚げ、余熱で火を通して完成。

さて今度は心平ちゃんが「塩だれステーキ」作り。

材料(2~3人分)は、

牛肉(ステーキ用)400g、牛脂(2×2cm角)5個、長ねぎ1/4本、万能ねぎ4本、にんにく(みじん切り)1片、レモン(クシ型に切ったもの)適量、塩適量、白いりごま小さじ2、糸唐辛子適量、薄口しょうゆ小さじ1、だし汁(カツオ)500cc、酒大さじ1/2、黒こしょう適量、片栗粉・水各小さじ1/2

まずは長ねぎをみじん切りに、万能ねぎを小口切りに。

常温に戻した牛肉に塩・黒こしょうで下味を付け、熱したフライパンに牛脂(2個)を入れて強火で炒め、溶け出したら牛肉を投入、強火のまま両面を焼きます。

両面を焼いたら牛肉をフライパンから取り出し、さらに牛脂(3個)を加え、溶け出したらにんにくを加え中火で炒め、香りが出てきたらだし汁を加えます。

だし汁が煮立ってきたら酒・塩を加えてさらにひと煮立ちさせます。

別の鍋に400ccのスープを牛脂とともに取り出し、肉茶漬け用に。

フライパンに残ったスープにみじん切りにした長ねぎ・白いりごま・薄口しょうゆを加えひと煮立ち、片栗粉と水を加えてとろみを付けたらひと煮立ちさせてスープの完成。

牛肉を削ぎ切りにしお皿に盛り、脂身の着いた部分を角切りにして肉茶漬け用に。

お皿に盛った牛肉にはフライパンで作ったソースをかけ、レモンを絞り、万能ねぎと糸唐辛子をちらして黒こしょうを振って「塩だれステーキ」の完成!。

ご飯に先ほど角切りにした牛肉を乗せ、小口切りした万能ねぎ・白いりごまを振って鍋のスープをかけ、最後に白こしょうを振ったら「肉茶漬け」も出来上がり。

どれもパンチが効いて美味しそう(*´ڡ`●)。

特に「肉茶漬け」は全くの未体験ゾーン、早速作って初体験したいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする