市村正親の常連めし「オステリアボーノ」のオムリゾット、美味そう・・。

スポンサードリンク

王様のブランチ「常連めし」、今日紹介してくれるゲストは、市村正親さん。

まず一軒目は、恵比寿の韓国焼肉店「喜福世(キッポヨ)」。高そうなお店(*^^*)

15年前から通っているそうです。

こちらのランチは、「和牛上カルビランチセット(950円税込み)1日20食限定」、「ハラミランチセット(700円税込み)」とリーズナブル。

SPONSORED LINK

さらに15周年記念の期間限定スペシャルランチとして、11月末まで「5種盛焼肉ランチ」が1,000円!。これは超お得。

今回市村正親さんがオーダーしたのは定番メニューの「白菜キムチ(390円)」「味付サラダ(580円)」「上タン(1,680円)」「特上炙りザブトン(1,780円)」。

これが毎度のお決まりセットらしい。さらに奥様篠原涼子さんお気に入りの「みぞれタン焼き」や締めの「參鶏湯おじや」も激ウマでお気に入り、だとか。。

続いて2軒目、打ち上げやパーティによく使っているという池尻大橋駅近くにある「Osteria Buono(オステリアボーノ)」。

こちらでは「ペスカトーレ(2,400円 税抜)」「丸ゴト玉ネギのローストゴルゴンゾーラソース(1,230円(税抜)」「ニョッキ オリーブオイルとパルミジャーノ(1,200円税抜)」がオススメ。

ここでの常連メニューは「タコのペペロンチーノ(920円(税抜)」。こりゃ白ワイン、行っちゃいますね。

レシピも簡単なので1分で出てくるとか。

玉ねぎを加えた自家製トマトソースを更に敷いて、スライスしたタコを並べ、コショウで味を整えたらオリーブオイルとニンニク・鷹の爪の熱々ソースをかけた、間違いなく旨い逸品。

もうひとつ、市村正親隠れメニューが「オムリゾット(3,600円)」。

中身が「リゾット」というトロットロなオムライス。こりゃたまらん(^ν^)

最後は再び恵比寿に戻って「キッチン ボン」へ。

こちらはいわゆる街の定食屋さん、といった感じ。落ち着きます。

美空ひばりや石原裕次郎も通ったという名店。

ハヤシライス(2,100円(税込)」「平目フライ(2,700円(税込)」が看板メニュー。

ここでの市村正親定番メニューは「ボルシチ ハーフサイズ(1,100円)」。

もうひとつ、自分へのご褒美メニューとして「シャリアピン・ステーキ(8,600円)」!!。

A5ランクの山形牛の上にたっぷり玉ねぎを乗せ、バターとニンニクで焼き上げた、正統派シャリアピン。こりゃ、お値段以上の価値、ありそう。

いつか自分もこれをご褒美に食べられるよう、頑張りたいと思える逸品、ですねぇ。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする