玉川学園前をじゅん散歩、珍しい陶板焼きの籠城そばで締める純次さん。

スポンサードリンク

今日のじゅん散歩は”玉川学園前”、ということで約61万㎡もあるという玉川学園の敷地内からスタート!。

町田市・川崎市・横浜市の3市にまたがるキャンパス、良い環境ですねぇ。。

幼稚部から大学院まで、約14,000人もの生徒・学生さんが在籍しているとか。生まれ変わったらこんなところでマジメに勉強したい、なんてちょっと思いました^^;。

学園を出た純次さんが次に見つけたのは「パティスリーパクタージュ」というオシャレなスイーツ屋さん。

SPONSORED LINK

3年半前にオープンしたばかり、でもすでに地元で人気のお店だそうです。

ご主人オススメの「クレーム・ブリュレ(380円)」を頂く純次さん、続いて2階で行われている料理教室へ。

和食・洋食問わず様々な外部の講師を招いて料理教室を開催しているそうです。

関連ランキング:ケーキ | 玉川学園前駅

さて続いて玉川学園前の商店街へ。20年ほど前、約7年間このあたりに住んでいたという純次さん、その頃通ったことのあるヘアーサロン「カットスペースモンド」を発見。

昔話に一花咲かせた後、さらに商店街を奥へ進んで「花如菴(はなじょあん)」という花屋さんの看板に惹かれ中へ。。

造園業も営んでいるというこちらの花屋さん、”スズランノキ”や”ニシキギ”など100種類以上もの珍しい花木を販売しているとか・・。

そしてその奥には「如菴(じょあん)」という手打ちそばのお店が。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 玉川学園前駅

花屋の店主、野田佑子さんの父、猪口耕三さんが2年前に開いたお店。

西南戦争時に熊本城の籠城戦で兵士たちが屋根瓦で食材を焼いて食べていたことが由来の「籠城そば」がこちらの特徴、というこで、現在は茹でたそばを陶板で焼くんだとか。

抹茶をブレンドしたそばを陶板で焼き、上に焼肉と玉子、海苔を乗せたものが「籠城そば(1,296円)」。

軽く焦げた茶そばが香ばしくて美味しそうでした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする