横浜野毛をじゅん散歩、治郎丸で焼肉立ち食い、最後はスナックで熱唱!

スポンサードリンク

今日の「じゅん散歩」は横浜特集最終日、野毛周辺を散策です。

野毛小路」からスタート、飲食店が多い小路を進んで見つけたのが、なんとも珍しいサーカスグッズ専門店「むごん劇かんぱにい」。

店主のIKUO三橋さんは昔、パリのサーカス学校でパントマイムを教えていたらしい。

SPONSORED LINK

空中ブランコ126,000円」や猛獣使い用「鞭37,800円」、「皿回しスタンダード1,000円」などなど、大道芸人とサーカス団員しかニーズがないと思われる^^;超ニッチなお店。

こちらを出てぶらぶら、角の「魚貝バルHAMAJIRUSHI」がちょっと気になりますが今日はスルー、斜向かいの立ち食い焼肉「治郎丸野毛店」へ。

鹿児島産A4イチボ260円、青森産A4ササミ270円、仙台黒毛牛A4カイノミ280円など、国内産和牛を部位ごとに一枚づつ食べられる、肉好きにはたまらない立ち食い店。

オススメは「インサイド(280円)」といういわゆる上ハラミ(横隔膜あたり)の部位だそうです。焼肉は一人で好きな肉を自分のペースでじっくり味わいたい、ですからね(*^^*)

関連ランキング:焼肉 | 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

続いて発見したのは「ハクライ屋」という昭和な揚げ物屋さん。名物は「コロッケ(150円)」。さっそく頂く純次さん。コロッケこそ揚げたてを立ち食い!がウマいんですよね。

こちらの店主で80歳にはとても見えない坪井智世子さん、なんともうひとつ「副業」があるとか・・・。それが「PUBれんげ」。昭和のスナック(*^^*)

ここでイキナリ坪井ママさんと「♪星の世界」をデュエット始めちゃった純次さん。

それにしてもなかなかの声量です、坪井さん。毎日深夜2時まで営業してるんだとか、働き者ですねぇ。。

「横浜」大好きなワタシには家に居ながらにして横浜散策出来た一週間、感謝です!。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする