本駒込をじゅん散歩、浄心寺で巨大木魚をたたく純次さん。

スポンサードリンク

今朝のじゅん散歩は文京区本駒込、まずは富士神社境内からスタートです。

60以上もあるというお寺の多い街、初代松本幸四郎の墓があるという栄松院の前を通って純次さんの興味をひいたのは、諏訪山 吉祥寺。

現在の吉祥寺はもともとこの吉祥寺の領地だったとか。。それにしてもここ本駒込の吉祥寺の敷地も広い広い。力があったんですねぇ。。

さて続いて純次さんの目に入ったのはどら焼き専門店の「菓子工房 福どら白山店」。

SPONSORED LINK

数あるどら焼きの中から純次さんが選んだのは、クリームの中に苺の入った「ほほえみ苺(190円)」、これを10個お買上げ&試食。

他にも「ちーずくりーむ(165円)」、「梅抹茶(175円)」「信州峰りんご(165円)」などなど様々などら焼きがズラリ。どら焼き好きにはたまらないお店、ですねぇ・・。

関連ランキング:和菓子 | 本駒込駅白山駅東大前駅

お次は門に巨大な布袋様のある浄心寺へ。現在改修中(3月下旬工事終了予定)だそうです。

こちら浄心寺には布袋様、見事な桜の木々の他に、もう一つの名物”巨大な木魚”があるとか。

重さ約500kgもあるそうです。

さらに200kgもあるという木彫りのトラ、100kgのすずりなど、先代住職の小池政雄さんが後に国宝になるようなものを寺に置きたい、ということで作ったらしい。。

これだけ沢山のお寺があると、こういう特徴のあるお寺さんもあるんですねぇ。。

桜の季節にゆったり歩きたくなる街でもあります。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする