有吉さんぽ、両国のあきらめー店はドジョウ鍋の「桔梗屋」

スポンサードリンク

今日は生野アナがリオオリンピックの取材で不在のため、番組初のひとり散歩の「有吉くんの正直さんぽ」。

両国界隈をビビる大木・井森美幸らとめぐった後、恒例のランチ物色。

浅草駒形あたりで店探しをする一行、どでかいイノシシの看板が目に入り、向かったのは山くじら「ももんじや」。

関連ランキング:すき焼き | 両国駅東日本橋駅浅草橋駅

ちなみに「ももんじ」とは江戸時代の「百獣」のことで、4つ足の動物を扱う店の総称が「ももんじ屋」だったそうです。

また、当時肉食が禁じられていたため、疲労回復に効果のある猪の肉を「山くじら」と称して食していたとか・・・。

そんな歴史ある猪肉を食べるため、恐る恐るアポ取りをする稲村亜美ちゃん、でもすんなりOK!、個室に入って人生初!のイノシシの肉を頬張るも、「おいしい!」「クセがない!」と大絶賛。

SPONSORED LINK

思ったより柔らかく食べやすいお肉、なんだそうです。

ここももんじやでは丹波産イノシシ肉を使っているそうで、良質のエサを食べているのでクセもなく脂が甘くあっさりしているんだとか・・・。

さらにもう一品、「熊ソース焼き(2,500円)」も頂く一行、これまた初の熊肉を食した有吉クン、「ホルモンぐらい歯ごたえあるね!」と。

なんか野生に返りそうな獣肉のオンパレード♪。

さて今回両国界隈の「あきらめ~店」は、ももんじや目の前にあるドジョウ鍋専門の「桔梗屋」。

タップリのネギと共に頂く「丸鍋(1,200円)」は夏バテ解消にピッタシ!、ドジョウの頭と骨を取り除いた「骨抜き鍋(1,300円)」もあるそうです。

関連ランキング:どじょう | 両国駅浅草橋駅東日本橋駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする