PON!「家事脳トレで脳番地を活性化!」日常生活に脳トレを取り入れてボケ防止。

スポンサードリンク

最近「脳ミソ」、鍛えてますか~?。体ばかりでなく脳も鍛えるのを忘れずに!。

ということで、PON!でやってた「脳トレ」で脳のネットワークを活性化!。

まずは前回の復習。

女性が立ち食いそばで食べたり、男性なら喫茶店で「パフェ」を注文したり、「恥ずかしいこと」や「やりづらい事」をすると、感情系が海馬のすぐ近くにあるので脳が刺激されて成長するんだとか・・。なるほど。

SPONSORED LINK

今回は簡単!家事脳トレ洗濯編」。

ちょっと面倒ですが、手洗いで洗濯するのがいいと。そうすると、冷たい水で皮膚感覚が刺激され、脳に新鮮なインパクトが与えられるらしい。

汚れをチェックしながら洗うことで、視覚系脳番地が鍛えられ、さらに洗濯を実況中継することで会話力もアップ、複数の脳番地が刺激され脳のネットワークが活性化されるそうです。

続いては「洗濯物ストライク」。

洗濯物を3mほど離れたカゴに投げ入れることで集中力が鍛えられ、思考系・視覚系の脳番地を使うことで脳の「マンネリ化」防止になるとか。。

お次は「洗濯物干しトレーニング」。

洗濯物を干す際につま先で立つことで、脳の血流が上がり、運動系脳番地も強化されるらしい。

加えて鼻歌を歌いながらやると、脳に負荷がかかって脳トレの成果が期待できると。

続いて「買い物編」。

買い物ルートを5つ作り名前をつける、という脳トレ。

5つの選択肢からルートを選ぶことで脳が新鮮さを味わい、名前をつけることで自分の行動が理解でき、理解系脳番地も刺激されるんだそうです。

買い物する際は、スーパーではなく個人商店で、会話をしながら買い物することで、伝達系脳番地が刺激され会話力もUP!という効果が。。

最後にその日の失敗を五七五で笑い飛ばし、脳をリラックス。

確かにこういった日常生活に脳トレを取り入れることで、脳が活性化出来るのは有難いですよね。続けないと意味ないし・・。

何事も「継続は力なり!」ですからね☆彡。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする