市川紗椰がホンマでっか!?TVでトイレで水を飲む、朝他人と接することが出来ない!とカミングアウト!

スポンサードリンク

トレンディエンジェル斉藤さんに続いてホンマでっか!?TVに相談するのは、最近ユアタイムでもMCが自然体になってきた市川紗椰さん。。

今回市川紗椰さんが相談するのは「自分の時間を乱されるのがイヤで将来家庭を築けるか不安」というもの。いきなり「無理ですね!」とさんまさん、無下もない・・。

まあ、知る人ぞ知るオタク一直線な市川紗椰さん、ですからねぇ、、その辺どうなんでしょ?

まずは尾木ママ、「具体的にどんな時?」という質問に、

朝、人・哺乳類とかと接することが出来ない」と・・・。ちなみにカメは大丈夫と^^;。

なんと「家族もダメ!」と。とにかく自分の時間を過ごしたいんだそうです。それが出来ないときは1日のペースが乱れると。。これはちょっと深刻かも・・・。

小学校からそうだったという市川さん、最近でも友だちと旅行に行っても自分だけ別の部屋に寝るとか。。

SPONSORED LINK

朝起きてから2時間半くらいは一人で過ごしたいそうで、朝トイレ(小)をする際も(トイレの中で)絶対水を飲まないと気が済まないとか。。

生物評論家池田先生曰く「自分の決めたルールを厳格に守る人は一種の才能で大事な個性」だと。

孤独に耐えられるので、作家などの才能を伸ばした方が良いとも・・・。確かに。

元々ハーフで4歳から14歳くらいまでアメリカで過ごしたという市川紗椰さん、心理評論家植木先生によると、「(13、14歳頃の)思春期は人間のターニングポイント」だそうで、その思春期に外国から日本に来たことが心に大きな影響を与えている可能性がある、と。

さらに生物評論家池田先生は「子どもの頃に英語を習得した人は日本語と英語を同じ言語野の領域で処理するため、それも才能」だが、脳にストレスがかかるとも・・・。

そのストレスをのがれる為に孤独になっているのかもと。

その上、脳が無意識に日本語と英語の処理を切り替えているので、実は脳が疲れているので、目が覚めた時に他人がいると話す・聞くが面倒になる傾向があると植木先生。。

それは一理あるかも・・・。

とそこへ澤口先生、「全て分かりました!」と。

市川紗椰は疲れやすい脳を持っているので”固定化させる動作”が多いと。

トイレの際に水を飲むのも、習慣化した行動をとることで脳に楽をさせて休ませようとしているんだと。。

さらに「結婚できますよ、絶対に!」と太鼓判を押す澤口先生。

「自分のペースを乱したくない人を好きな人はいっぱいいる」と。

自分のペースを守る人は他人のペースも守る傾向があるので、理系の研究者などと合うらしい。

それにしても外見からは想像も出来ない悩みを持った市川紗椰さん、自分に合った幸せな家庭を築けるような男性に出会えるといいですねぇ。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする