嵐にしやがれでぺこ&りゅうちぇると激戦区グルメデスマッチ!

スポンサードリンク

今夜の「嵐にしやがれ」、ゲストは今バラエティで引っ張りだこのぺこ&りゅうちぇるの二人を迎えての「浦和スイーツだけじゃない!激戦区グルメデスマッチ!」。

なんと埼玉県浦和市は、1世帯あたりの年間ケーキ購入金額全国第1位、なんだとか。。

ちなみに浦和市内のスイーツ店は80軒以上、シノギを削るスイーツ激戦区。

というわけで今回は全国の”グルメ激戦区”をテーマに嵐のメンバーとバトル!。

まずは「高崎パスタ」から。

元々粉食文化が根付いている群馬県民、1968年に初のイタリア料理店「シャンゴ」をきっかけにパスタにどハマりしたんだとか。

SPONSORED LINK

現在130軒以上ものパスタ店があるという高崎市、その中のベスト3を紹介。

第3位はベスビオスパゲッティ(794円)が人気の「ボンジョルノ」。

第2位は赤唐辛子とにんにくのトマトソース(1,145円)で有名な「はらっぱ」。

そして第1位はやっぱり老舗「シャンゴ」。

太麺に群馬県産麦豚のとんかつが乗った「シャンゴ風スパゲティ(928円)」がめちゃ旨いとか。

そんな「シャンゴ風スパゲティ」をかけての戦いは、市内にある「少林山 達磨寺」のお守りのし掛けは?という問題。

正解したのは松潤。なんとだるまのお守りから”目が出る”そうです。

それにしてもこのシャンゴ風スパゲティ、観るからにウマそう、いや、絶対旨いでしょコレ。

関連ランキング:パスタ | 高崎駅(JR)高崎駅(上信)

さてお次は「蒲田とんかつ」。

JR蒲田駅周辺だけで50軒もあるというとんかつ店、その中でのベスト3は通称”とんかつ御三家”と呼ばれる「鈴文(第3位)」「丸一(第2位)」そして第1位の「とんかつ檍(あおき)」。

特にとんかつ檍の名物「特上ロースかつ定食(280g 2,000円)」は”林SPF”という豚肉のロースを分厚く切って高温の油で揚げた、レア感抜群の極上とんかつ。

この「特上ロースかつ定食」をかけての勝負は「世界中で多くの人々がハマっている蒲田発祥のあることとは何?」。

「コスプレ!」と一発正解したのは二宮クン。さすがです^^。

早速岩塩をかけてピンクな切り口のロースかつを頬張る二宮クン、「思いっきり搾ったらとんかつジュース出来上がると思うんですよ」と^^;。

関連ランキング:とんかつ | 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

さて続いては”パンの激戦区”茨城県つくば市の「つくばパン」。

現在40軒以上あるという店舗の中でのTOP3、まずは第3位「ペニーレイン」。

こちらの「ブルーベリーバンズ(235円)」はカスタードとブルーベリーがたっぷり入った具沢山のパンだとか。。

第2位は「デニッシュ(全8種類 各162円~184円)」が人気の「アンキュイ」。

大きなフルーツの果肉がゴロゴロ入った、ボリュームタップリのパン、それがデニッシュ。

そして堂々の第1位は「クーロンヌつくば」。

こちらの一番人気は約40cmもあるソーセージをフランスパン生地で包んで焼いた「究極のソーセージフランス(250円)」。

国産豚を使ったソーセージが激ウマ!なんだそうです。

関連ランキング:パン | つくば駅研究学園駅

さてこの「究極のソーセージフランス」をかけての対決は「看板に描かれている、つくばならではの”あるもの”とは何?」。

正解は「ロボット」、見事当てたのは大野くん。

ということで、「つくばパンの盛り合わせ」をゲット!。

さてさて続いては「荻窪チャーハン」で勝負!。

元々はラーメン激戦区だった荻窪、それらの店で出されるチャーハンがこれまたウマいと新たな激戦区に。。

そんな荻窪に50軒ほどあるチャーハン店からベスト3を紹介!。

まず第3位は「中華徳大」の「ほうれん草焼飯(900円)」。

上に乗った豚肉がアクセントとなって病みつきだとか・・・。

第2位は「中華屋 啓ちゃん」のオーソドックスな「チャーハン(650円)」。

まさに昭和のチャーハン、でもこれが劇的にウマいそうです。

さていよいよ第1位はチャーハン専門店「炒飯の万博」の「万博肉焼炒飯(680円)」。

市場に出回らない小粒の米を使ってパラパラに仕上げるというこだわり。

もう、観るからに間違いなし!の一品です。

関連ランキング:中華料理 | 荻窪駅

ということで、この「万博肉焼炒飯」をかけてのバトルは「荻窪でちょっとした有名人、三輪章博さんは一体”何で”有名?」。

ぺこ&りゅうちぇるのふざけた回答はスルーして^^;、「スゴい長いソフトクリームを作る人」と奇跡の正解をしたのは櫻井クン。でもなんで??。

それはともかくこの三輪さん、高さ40cmはあろうかと言うほどの巨大ソフトクリームを作り上げました。でも絶対食べきれなさそう・・・。

ということで、極上チャーハン「万博肉焼炒飯」を思いっきり頬張りながら「めちゃくちゃ美味い!」と目を丸くする翔クン。マジでウマい時の顔してます。。

最後の戦いは「浦和スイーツ」。

浦和市内80店舗のスイーツ店の中から地元市民に選ばれたベスト3、第3位は「ダンテ工房店」の極上チーズケーキ「ベイクドダンテ(356円)」。

焼き上げた後、5日間も熟成させるという手間暇かかったコクのあるチーズケーキだとか。

第2位は「ラ・モーラ」の「ブリス(520円)」。

チョコレートの中にオレンジ・パッションフルーツなどのムースが入った、納得のスイーツ。

さて堂々の第1位は「アカシエ」の「アントワネット(700円)」。

あのマリー・アントワネットをイメージしたという、観るからに豪華なケーキ。

甘酸っぱく美味しいのはもちろん、ちょっとした贈答品にも喜ばれそう。。

関連ランキング:ケーキ | 浦和駅中浦和駅

ということで、この「アントワネット」をかけた最終対決!問題は「本物の浦和スイーツはどれだ!?」。

3つ並んだスイーツのうち、2つは食品サンプル。

残念ながら相葉クン、ぺこ&りゅうちぇる共に不正解(T_T)。

それにしてもこのアントワネット、スイーツ好きならずとも一度は口にしたい逸品スイーツ、ですねぇ。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする