ケーキを食べても太らない!?太りにくいスイーツと食べ方を解決スイッチで学ぶ。

スポンサードリンク

毎日でも食べたいケーキ。でもやっぱりカロリーが気になる、ダイエット中ならなおのこと^^;。

でも大丈夫!、なんと太らないケーキと太らない食べ方があるんだとか\(^o^)/。

SPONSORED LINK

というわけで今日の「解決スイッチ」は「太りにくい絶品スイーツ」がテーマ、太らない食べ方も教えてくれます。

そんなテーマにピッタリ!なニッチェの二人が教わるのは、いつものダイエット専門家、岡部正(岡部クリニック院長) 先生。

いきなり「女性のダイエットの敵は”スイーツ”」だと。手厳しい^^;でも食べたい。

ということで、まずは中目黒の野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」へ。

ケースの中にはどれも甘くて美味しそうなスイーツがズラリと並んでいます。

ニッチェ江上が選んだのは「ニンジンのシフォンケーキ(370円)」。卵黄・ベーキングパウダーを使わず卵白のみで膨らませているんだそうです。なんと97kcal

岡部先生がチョイスしたのは「ルッコラゼリー&黒ゴマ豆乳ムース(390円)」。こちらも生クリームの代わりに豆乳を使ったヘルシースイーツ。141kcal。

体内で消化・吸収されない強い甘味成分でありながら糖では無い「羅漢果」の甘味を活かしているそうです。

ニッチェ近藤は「カボチャ’ラカント’モンブラン(420円)」を。おからを練り込んだ生地でカロリーカット、105kcal。

いずれも見た目も甘さも普通のケーキ、なのにカロリーは半分以下。これはウレシイ。

それぞれ甘さに砂糖を使わず、野菜の甘さを活かしているからこそ、の「太りにくいスイーツ」。

ただ、岡部先生曰く、こういった天然甘味料は大量に使用すると、甘味に対し物足りなく感じて強い糖の甘味に好みが偏ってしまうので、適量を守るのが大切、とのこと。

さらにスイーツを食べる際はコーヒー・紅茶を一緒に飲んだほうが太りにくいと。

紅茶には「高茶ポリフェノール」が含まれており、糖の吸収を遅らせてくれるらしい。

コーヒーには「クロロゲン酸」が含まれていて、脂肪の分解を促進してくれるそうです。

ただし砂糖は入れずに^^。

ケーキセットって理にかなっているんですね。

関連ランキング:ケーキ | 中目黒駅祐天寺駅代官山駅

続いて一行は板橋区ときわ台へ移動、駅前の「パティスリー・ラ・ノブティック」へ。

こちらも絶品スイーツがこれでもかと並んでいます。やばいです^^;。

でもご安心、こちらのスイーツは「低糖質菓子」。太りにくいケーキです。

そんな素晴らしいスイーツ、あったんですね!!。 江上が選んだのは「ふすまロールケーキ(420円)」。

もちろん低糖質ですが、全く普通のロールケーキの味だそうです。

近藤は「低糖質レアチーズケーキ(390円)」をチョイス、普通にチーズケーキなんだそうです。

岡部先生は「低糖質チョコレートケーキ(400円)」を。 もう全く普通なチョコレートケーキ。

岡部先生によると、一般のケーキは1個あたり糖質が30gほどあるが、この低糖質ケーキはなんと!!驚きの「4g」以下!なんだそうです。

その秘密が「ふすま」という材料。

ふすま」とは小麦粉の殻のことで、低糖質で食物繊維が豊富、小麦粉の代わりに使用することで、糖分とカロリーを抑えつつ甘さがほとんど変わらないヘルシーなお菓子が作れるんだそうです。

楽天やamazonでも手軽に手に入るようです。これは試さないと!。

関連ランキング:ケーキ | ときわ台駅中板橋駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする