今年中に食べておくべきラーメン店ベスト5!濃厚チーズに辛味噌、イベリコ豚、どれも捨てがたい逸品ラーメン。

スポンサードリンク

王様のブランチ、本日の「食べタイム」は「今年中にたべておくべきラーメン店!」。

つい先日も「蔦」がミシュラン一つ星獲得したばかり。益々ラーメン熱は上がるばかり。

ランキングするのは石山勇人氏(ラーメン研究家)。

まず第5位は四谷三丁目の「ハナウタ」。鶏・海老・魚介の三位一体の旨味が凝縮されたラーメン。

SPONSORED LINK

第4位はたっぷりチーズが乗ったラーメン「北海道濃厚リッチチーズ味噌(1,080円)」。

こちらのお店は南青山「北海道恵比寿 南青山店」。今年10月オープンしたばかり。

各20点満点中、麺16点、スープ16点、独自性16点、インパクト20点、インテリア16点、合計84点。

もっちりとした極太麺とラクレットチーズが濃厚に絡み、さらに表面にかかったパルミジャーノ・レッジャーノの香りがスープの味噌味と合わさってなんともいえない「チーズ味噌」味が楽しめる、チーズ好きなら一度は試したいラーメン。

関連ランキング:ラーメン | 青山一丁目駅外苑前駅乃木坂駅

ベスト3第3位は、新宿御苑すぐそばの「らーめん桜花」。9月オープン。

麺15点、スープ15点、独自性20点、インパクト17点、インテリア20点、合計87点。

カウンターのみの和風な店内が落ち着きます。

こちらでは「御膳らーめん(1,100円)」を食べておくべきと。

見た目ラーメン定食、な感じですが、片口どんぶりにメレンゲ状の「何か」がかかったラーメンが入った、一風変わった第一印象。

この泡状のものの正体は「柚子のエスプーマ」なんだそうです。エスプーマとは、様々な液体を泡状に変える調理器具のことで、これで柚子の果汁を泡状にしたもの。

スープは鯛の頭と中骨を2時間煮込んだものにトマトペーストを加え、シジミと魚醤等を合わせた、旨味成分てんこ盛りなスープ。

で、このラーメン御膳の麺を食べ終わったら、片口になったどんぶりから残ったスープをご飯にかけ、「鯛出汁茶漬け」にして食べられる!ちょっと贅沢なラーメン定食?です。

関連ランキング:ラーメン | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

続いて第2位は六本木ミッドタウンから徒歩2分、「麺劇場 玄瑛 六本木店」。10月オープン。

店内はとてもラーメン店には見えない、オシャレなカフェバー、な印象のお店。高そう^^;。

点数は麺16点、スープ16点、独自性20点、インパクト20点、インテリア20点、合計92点。

こちらの「XO醤薫イベリコ豚の玄瑛流ラーメン」。名前も思いっきり高そう、、でも920円と意外にもリーズナブル。

干しエビや干し貝柱を1リットル(約50杯分)で15000円分!も入っているというこだわりの自家製醤油ダレと、その干し貝柱・干しエビを刻んで油で煮詰めたXO醤を仕上げに使っているという。

さらにXO醤をかけることでうま味のある油が表面に残り、干し貝柱・干しエビがスープの下に沈むので、食べ進むごとに味の変化が楽しめるんだとか・・。ん~、これで920円は、安すぎるほどの味へのこだわりです。

関連ランキング:ラーメン | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

さて堂々の第1位は市ヶ谷駅から徒歩5分の「大塚屋」。9月オープン。

以前御茶ノ水・高田馬場で「麺処くるり」を営んでいたオーナーがそこを閉めて新たに始めた、辛味噌ラーメン(750円)一本勝負のお店。

麺19点、スープ20点、独自性19点、インパクト20点、インテリア19点、合計97点。

これはもう、見るからに美味そう。

スープは鶏ガラ・トンコツを圧力鍋で3時間、その後さらに鶏ガラ・トンコツを足して6時間煮込んだ、ドロドロスープ。

そこに炒めた野菜と10種類のスパイスを加えた白味噌を溶かして煮詰め、ラーメンスープの完成。

さらに好みで山椒・カレー粉で辛味を加えて食す、王道の辛味噌ラーメン。

これで750円なら週三で通いたいラーメンです。

関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅飯田橋駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする