世界の青木、炎の体育会TVで奇跡のカップイン再現!こりゃマジでレジェンドだ!

スポンサードリンク

いや~、香川照之も言ってましたけど、「ドラマでもあんな筋書き無い!」、事実は小説よりも奇なり、スゴイもん見せてもらいましたよ。

今夜の「炎の体育会TV 世界の青木NS世界のたけし」90ヤードのニアピン対決で、1983年2月13日のハワイアンオープンで見せた、あの奇跡の第3打、直接ホールインをまたもや再現!。

SPONSORED LINK

しかもその数分前に、伝説の1シーンとして当時の映像を流した、まさにその直後!。

青木の前に、スキージャンプの葛西紀明がピンまで20cmという、誰もがそれ以上は無理っという状況下での、後はもう直接入れるしか無い!というプレッシャーの中での、この一発。

結果は無念にもホールの中からボールが跳ね返ってしまい、記録にはなりませんでしたが、それを観ていた全員が、その奇跡の一瞬を目に焼き付けたはず。

スロー再生で確実にホール・イン、してましたからね。

誰もが「いくら世界の青木でも、まさか、ね?」という場面で、実際「まさかっ」のミラクルショットをやってのけた青木功、ほんとスゴイ男です、まさしくレジェンド。

ほんまモンです。心から尊敬します。

【今日は何の日?】青木功がハワイアンオープン優勝

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする