マツコの知らない世界で”人と差がつく手土産”特集!

スポンサードリンク

今夜の「マツコの知らない世界」は「人と差がつく手土産の世界」。

そろそろお盆休み、帰省の季節ですねぇ。。となると悩みの種はやっぱり手土産。

ついおざなりになってしまいがちの土産品、今夜はギフトコンシェルジュの真野知子さんにじっくり”気の利いた手土産”を教えてもらいますかね^^;。

ということでまずは「独身女性向けの手土産」から。

独り身の女性がもらって嬉しいのは”使いきり”と”ラッピング”、だとか。

SPONSORED LINK

なのでムーラン・デュ・カランケの「エクストラヴァージンオリーブオイル」の「テトラ型(10ml 184円)」がオススメと。これをバルサミコ酢と混ぜてバケットにつけて食べると美味しいそうです。

さらにこれを蔵前のラッピング用品店「east side tokyo」で買ったリボンやパッケージなどで装飾するのが最適!と真野さん。

続いてはアニバーサリー金箔│金の舞で”ひとり料亭気分”を味わうのがいいと。。

これはなかなかコスパが良くて結構いいかも。インスタグラム向きだし・・・。

続いてはシンガポールの高級紅茶 TWG アイスティーバッグ

外箱がオシャレな収納BOXになるアイスティーのパック。

さてお次は見た目もカワイイペーパーウエイト、「choucho」。

羽根の部分が蓄光になっていて、暗闇でも光るとか。。

続いては「幸せなファミリー向け手土産」。

まずは「THE TOWEL」の「フェイスタイプ」タオル。

今治タオルのブランドで、かなり上質の質感、男性用と女性用で違った質感なのもこだわりが感じられていいかも・・・。

お次のファミリー向け手土産は「グランドハイアット東京」にある「フィオレンティーナ ペストリーブティック」の「半熟卵のスパイシーカレーパン(313円)」。

その名の通り、カレーパンの中に半熟卵が丸々一個入った変わり種カレーパン。

さらにもう一品、「アマン東京」の「オリジナルジュース(1本950円)」。

こういうのって、まず自分じゃ買わないですからね、手土産には持って来いかも。。

見た目も高級感たっぷりで贈り手のセンスも光る一品です。

最後は「お盆の帰省用手土産」。

まずは水うちわ。久々の里帰りにちょっと気張ったお土産を!てな時にいいかも。。

オシャレな手動の冷風機、って感じ・・・。

最後は年配者に最適なお土産、「まゆら」の”くろぎ”というわらび餅の御菓子。

東大内にある「廚菓子くろぎ」という和菓子屋さんにある、ミシュランで星を獲得したシェフが監修したという逸品。

抹茶味と黒蜜味があり、黒蜜味にはきな粉、抹茶味には抹茶味パウダーをかけて頂く贅沢な和菓子です。

関連ランキング:和菓子 | 本郷三丁目駅湯島駅水道橋駅

ま、なにより元気な姿を見せることが一番のお土産、ってことで(*^^*)。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする