ホンマでっか!?TVペットを飼うなら犬?猫?ペットロス症候群が大きな違い。

スポンサードリンク

「ホンマでっかテレビ あなたはどっち派 第2弾、ペットを飼うなら犬派?猫派?」。

これも巷じゃあるあるネタ、ですよね。

犬派はさんま、マツコ・デラックス、船越英一郎、ブラマヨの二人。

対して猫派は島崎和歌子と菜々緒。男女?で真っ二つに別れました。

犬派の主たる理由は、一言でまとめると、「従順だ」ということ。

SPONSORED LINK

方や猫派は「かまいっぱなしじゃなくていい」という点。

まず生物学評論家の池田氏によると、猫の方が良い、と。

「猫は独立心がある→対等に付き合うことで自分を高めることができる」から。

確かに島崎和歌子、菜々緒のイメージ通り^^;。

対して脳科学評論家澤口氏は、犬だと。。

「犬を飼うとアレルギー予防効果や社会性向上効果など様々な効果があるという膨大な論文がある」からとのこと。

「人間より犬のほうが癒し効果が高い、という研究も」。

まあ、確かに飼い主をじっと見つめるあの目を見るだけで、癒やされちゃいますからねぇ。。

それに反論したのが生物学評論家の池田氏。

「死んだ時のペットロス症候群が、犬の方が大きい」と。まあ、確かに・・・。

心理学の立場から植木氏は、猫の方がだんぜんお得、だと。

犬の場合、ペットロス症候群の深刻さは猫の約40倍!だから、犬を飼うにはそれなりの覚悟が必要、さらに猫を飼っている子供は友達に対して寛大になり易い(猫は言うことを聞かないから)、という理由。

ま、いろいろ理屈はありそうですけど、結局、好きか嫌いか、ですよね、あと、犬は散歩に連れていかなければならない、という大きな義務がついてまわるのも、おいそれと飼えない理由のひとつではあります、個人的には・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする