ピース綾部が綾瀬はるかのデビュー番組のADだったとは!

スポンサードリンク

今「さんまのまんま 30週年秋SP」を観てます。

で、ゲストは綾瀬はるかちゃんとピース綾部と又吉のふたり。

驚いたのは、まだ綾瀬はるかちゃんが16歳のデビュー当時、初めて出た番組のADが、なんとピースの綾部だったということ。

芸人として売れる前は、ADのバイトをしていたようですね。

SPONSORED LINK

綾瀬はるかちゃんもそのことをしっかり覚えていたようで、さんまも驚いてました。

それにしてもはるかちゃん、相変わらずマジでカワイイです、そして相変わらずの天然。

又吉が「火花」の本をさんまとはるかちゃんにおみやげとして渡したところ、ひとりボソッと

「またきち なおき」と、又吉の苗字を思いっきり読み間違い^^;。本人を目の前にして・・。

さらに「火花」というたいとるを、真面目な顔して「花火」と(*^^*)。

さんまに「明治時代の人やで」とつっこまれるも、「でも、一瞬、花火って、見えますよね」とこれまた真顔で。。

それにしても、さんまが半ば真剣に又吉に次回作を自分を主役に「ボヤ」というタイトルで書け!、と懇願、すると又吉、とっさに

「さんまさんの引き笑いについ引き寄せられてしまうはるかちゃんが、その笑い方、やめて。とお願いし、さんまさんがあの笑いを封印すると、やっぱり、また笑って・・・、というところから話が始まるってどうですか?」と。

なんか、その後の展開、読んでみたくなってしまいました、さすが芥川賞作家又吉先生、です(^o^)。

そういえば、近所の書店に昨日行った際には、やはり「火花」が店頭にありませんでした。

まだ読んでないのですが、なんか急に読みたくなってきました。

ちなみに綾瀬はるかちゃんの最新写真集、『SEA STORIES Haruka Ayase』も、現在amazonで品切れ中(T_T)。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする