ヒルナンデス!関ジャニ横山はなぜ美肌でスリム?(中華編)

スポンサードリンク

今日のヒルナンデス!、冒頭は「食いしん坊横山はなぜ美肌でスリムなのか?」ということで、美容のプロ「銀座ケイ スキンクリニック」院長慶田朋子博士が、横山クンのプライベートな食生活をチェック!。

ゲストはスリムになりたい磯山さやかちゃんと美肌になりたいGENKING。

まずは中華料理から。。ということで一行が訪れたのは「神楽坂 縁香園」。

こちらで好きな中華5品をそれぞれチョイス。

SPONSORED LINK

選んだ5品は、磯山さやか「豆苗炒め・酢豚・餃子・小籠包・チャーハン」、GENKINGは「麻婆豆腐・黒酢酢豚・春巻・チャーハン・火鍋」、水卜アナ「豆苗炒め・角煮・チャーハン・小籠包・サンラータン麺」、そして横山クン「麻婆豆腐・カニ玉・エビチリ・サンラータン・豆苗炒め」。

やはり横山クンの選んだものには炭水化物が無く、スリム体型維持には理想的なオーダーだとか。

慶田博士曰く、中華で美肌&スリム体型にいい料理ベスト5は、

1.豆苗炒め(1,080円)
βカロテンと食物繊維が豊富で肌荒れとシミ予防にいい。

2.エビチリ(1,080円)
エビのタウリンはコレステロール値を下げ、トマトのソースは美白効果の高いリコピンが豊富。

3.八宝菜(980円)
美肌にいい野菜・豚肉・魚介類などがバランスよく入っている。

4.サンラータン(580円)
酢のクエン酸が脂肪を燃焼させ、唐辛子のカプサイシンが代謝を促進。
特にスープを先に食べると血糖値が上がりにくい。

5.麻婆豆腐(780円)
豆腐の大豆イソフラボンが肌荒れを防ぎ、唐辛子・山椒で新陳代謝UP。

というわけで、横山クンはほぼ完璧なチョイス!。さすがです。

さらに「豆苗炒め」→「サンラータン」→「八宝菜」→「麻婆豆腐」→「エビチリ」の順で食べるといいそうです。なるほど・・・。

逆に美肌&スリム体型にNGなメニュー!それはなんと「酢豚」なんだとか(*_*)。

酢豚には確かに酢も多く入ってはいるが、その分砂糖も沢山入っていて糖分が高いので、肌を老化させる原因になると。

さらに油で揚げたり炒めたりしているため、カロリーも高いとも。

気づきませんでしたねぇ・・・。

大好物の中華だけに、次回からは以上のことをよく考慮してからオーダーしたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする