ヒルナンデス!横山が美味しい焼そばの作り方を学ぶ!

スポンサードリンク

今日のヒルナンデス!「大ヨコヤマクッキング!夏休みSP!」、まずは「美味しい焼そば」の作り方から。

教えてくれるのはいつもの通り、ABCクッキングスタジオの佐藤先生。

ということで、早速焼そばを作り始める横山クン。

ジャニーズの中間とバーベキューなどでよく焼そばを作るという横山クン、まずはキャベツを一口大にカット。

SPONSORED LINK

同様に豚肉も一口大に切ったあと、フライパンを強火にかけサラダ油をほんの少々引いて豚肉を炒め始めます。

とここまでは大正解!。先に豚肉を炒めることで、旨味のある脂が出て美味しくなるんだとか。

続いて豚肉を皿に取り出した横山クン、なんとこれも正解!。

豚肉を入れたまま料理すると肉が焦げてしまうから、だそうです。

ただ、佐藤先生によれば、豚肉に軽く火が通ったら一緒にキャベツも炒めるのが大正解とか。

続いてフライパンにほぐした麺を投入、水をかけてさらにほぐす横山クン。

でもこれは不正解!。

佐藤先生によれば、フライパンに”ほぐさない麺”をそのまま入れ、そこへ適量の水をかけたら蓋をして約1分、そのまま蒸らすのが正解と。

市販の麺は水分が少ないため、無理にほぐすと麺がちぎれてしまうそうです。

さて、1分ほど蒸した麺に強火のままキャベツを投入、さらに豚肉を加えて炒め、最後に粉末ソースを振って炒める横山クン。

見た目は立派な焼そばの出来上がり!。麺が固まっているものの味は旨いと。。

でも佐藤先生の採点は85点。

正しい焼そばの作り方は、

1.強火で熱したフライパンで豚肉を軽く炒めたらキャベツも一緒に炒める

2.油がまわって野菜にも照りが出たら皿に取り出す

3.麺をほぐさずフライパンにいれたら水をかけて蓋をして蒸す

4.1分蒸らしたら強火で水分をしっかり飛ばす

5.水分が飛んだら取り出した食材を戻して麺と絡める

6.最後に粉末ソースを加えてよく絡める

これだけで麺も固まらない「プロの焼そば」に!。

ちょっとしたコツで、これほど違いが出るとは!!。

早速今晩、この作り方で焼そば、作ってみますかね(^^)。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする