ヒルナンデス!コメダ珈琲店の秘密第2弾!チョコノワールは絶対食べたい!

スポンサードリンク

ヒルナンデス!「ヒットの法則!コメダ珈琲店大調査」第2弾。

ゲストは前回に引き続き、雛形あきこと松田凌。

まずは何と言っても、コメダの良さは、最近巷にあふれるセルフサービス型ではなく、「昔の喫茶店」さながらのフルサービス。昭和な人間にはやっぱこれ!ですよね。

SPONSORED LINK

そのフルサービスをさらに強化するためにコメダ珈琲が2年前から始めたことは、

サービス向上のため、半年に1度、専門スタッフが覆面調査をしている」らしい。

チェック項目はなんと50項目以上。

店の外の清掃状況や注文の受け方、商品知識、容器の汚れの有無、盛り付け方、飲料水の補充スピード、雑誌・新分類のチェック、トイレの清掃チェック等々、隅々までくまなくチェック。

コメダ珈琲店でのなんとも言えない気持ちの良さ、はちゃんとした裏付けがあったんですねぇ。。

もう一つ、トーストとゆで玉子が付いてくるコメダのモーニングサービス、その「ゆで玉子」を「小倉あん」か「玉子ペースト」に変更出来るようになる(12月1日より)らしい。

これは嬉しいサービス、ですよコメダファンとしましては。。

さらにあの「シロノワール」が冬限定で「チョコノワール」に進化するとか(こちらも12月1日より)。

熱々のデニッシュパンにチョコレートソースをはさみ、定番のソフトクリームの上にさらにチョコレートソース、さらに粒イチゴを使った食べ応えあるいちごソースがトッピングされた、美味さ倍増!のシロノワールに。これはもう早速試さねばなりませんね(^o^)。

加えてコーヒーにも大きな進化が!。なんとコーヒーに小倉あんこを入れウインナコーヒーのようにホイップを乗せた「小豆小町(540円)」というコーヒーも新登場(12月14日より)するとか。

脳ミソの疲れに効きそう^^;。

スイーツにもヒットの秘密が。

それは「純栗ぃむ」、モンブランとパンプキンを組み合わせた「もんぷきん」などなど、見た目を間接的に表現するネーミング。

ヒルナンデス!調査隊も、新作の「チョコレートのケーキ」と「抹茶のケーキ」にネーミングするチャンスが!。

まず松田凌クンが「抹茶ケーキ」に「日本の味 抹茶っちゃ。」と、森三中黒沢が「チョコレートケーキ」に「濃味 生チョコ生太郎」と命名。

結局、本部会議で決定したのは、「西尾の濃い抹茶」、「トリプルショコラ」、でした、残念!というか、まあそうなりますよね(*^^*)

ま、なにはともあれ、早速明日にでもコメダ珈琲、行ってきます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする