ヒルナンデス!に藤井フミヤ登場、上海ガニと渡部絶賛シメ料理情報!

スポンサードリンク

今日のヒルナンデス!「今年一番ウマかったグルメ」コーナーに、藤井フミヤが登場!。

なんと藤井フミヤさん、グルメ芸人渡部の一冊目のグルメ本芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒で紹介された中の2/3はすでに行ったらしい、さすが食通フミヤさん。

さて早速一軒目は落合シェフが絶賛オススメの中華、浅草「龍圓」。

SPONSORED LINK

「ピータン豆腐」や「冬キャベツの春巻き」などフレンチの技法を取り入れた創作中華のお店だそうです。

こちらで頂くのは毛ガニと卵、トリュフ塩、食べる直前に黒トリュフをたっぷりかけてくれるふわふわ「黒トリュフかに玉」。

「まさに!53歳初体験皿!」by 藤井フミヤ^^;。

お次は「上海蟹とフカヒレのあんかけご飯」。内子を蓄えたメスの上海蟹を生きたままカットして臭みを出さず、内子のみを使用、身は毛ガニを使うとか。

ニンニク・紹興酒などで味付けしたスープに九条ネギ・フカヒレ・蟹の身を加え、砂糖で味を引き立てたら上海蟹2杯分の内子を投入、この餡をジャスミン米にかけた絶品あんかけご飯。

こりゃウマいと大絶賛するフミヤさん。ジャスミン米が効いてるらしい。。

関連ランキング:中華料理 | 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)

続いて二軒目は、菰田欣也シェフオススメの讃岐うどんの名店、神田「香川一福」。

かけうどん(小)430円」というリーズナブルながら、天ぷらがとにかくウマい!そうです。ということでまずは「とり天(200円)」「半熟卵天(100円)」を頂く一行。

どちらも庶民的な食券購入のお店とは思えない逸品の天ぷら。

ここでの菰田シェフオススメメニューは「カレーうどん大盛り肉トッピング」。

カレーうどん(大)720円に、肉トッピング250円を加えたボリュームたっぷりメニュー。

あのフレンチの名店「北島亭」とコラボした、フォン・ド・ボーから作ったマイルドで本格的な辛さのカレーに牛肉と玉ねぎの煮込みがたっぷり入り、最後にカルピスバターを乗せた、ちょっと贅沢なカレーうどん。

これだけでも極上の美味さなのに、一緒に付いてくる出汁を加えると、「和」のカレーうどんになる、2つの味を楽しめるカレーうどんだそうです。

関連ランキング:
うどん | 小川町駅淡路町駅神田駅

さてお次は渡部オススメの、女性に人気の鍋料理専門店、赤坂「マルミット」。

まずはグラスの高さが40cmという、かなりインパクトのあるドリンク「ビアカクテル(864円)」をオーダー。すっきりサッパリ味のビールだそうです。

さてメインは「マルミット鍋(1人前4,320円)」。ちなみに「マルミット」とはフランス語で「鍋」という意味らしい、んじゃ、「鍋鍋」じゃん^^;というツッコミは大人げないので無し。

このマルミット鍋、ポトフをアレンジした洋風鍋だそうで、パセリ・長ネギなどの香味野菜と豚足・牛ホホ肉・鶏皮を圧力鍋で1時間ほど煮込んだスープを一晩寝かせ、コラーゲンたっぷりのゼラチン状にしたら、さらに玉ねぎ・ニンジンなどと合わせて丸2日火にかけて作る手間暇かかったスープ。

これに自家製ソーセージなどの具を入れて特製ダレにつけて頂き、最後に残ったスープにパン・ブロッコリー・チーズを加えて「チーズフォンデュ」としてコラーゲンたっぷりスープを堪能出来る、これまた2度楽しめる逸品鍋。

と思いきや、さらにここへご飯投入、旨味の出まくった「チーズリゾット」を頂ける、3回美味しい鍋!でした。

関連ランキング:ビストロ | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

最後はあの料理評論家、石神秀幸がイチオシのイタリアンレストラン、赤羽橋「デリツィエ」。

白身魚と生ハムのクロッカンテ牛蒡のピューレと(2,808円)」、「蝦夷鹿肉のロースト赤ワインソース(2,808円)」「キノコと自家製パンチェッタ カラスミのソーススパゲッティ(1,620円)」と、場所柄とオシャレな店内にしてはカジュアルな感じ。。

こちらでの石神さんイチオシの料理は「トリュフ風味のデュクセルのソース 自家製キタッラ 温卵をのせて(2,160円)」。

ホワイトマッシュルームを2日間干し、軽くソテーしたらトリュフオイルで1日漬け込みペースト状にしたものに生クリームを加えたものがデュクセルソース。

これにキタッラ(イタリア語で”ギター”を表す)という四角い麺を合わせ、チーズとトリュフオイルを一振りし、半熟卵を乗せて完成。

これはもう、見るからにウマそう。デュクセルソース、一度味わってみたい・・・。

関連ランキング:イタリアン | 赤羽橋駅芝公園駅神谷町駅

今日が出産前ロケ最後というシェリーの為に、フミヤさんがチェッカーズの名曲「Cherie」を生ギターで熱唱。美味しいグルメを堪能した上、仕上げに「藤井フミヤの生歌」とは、なんと幸せモンなんでしょうね(^^)。

ま、メデタイことなので良しとしましょうかね。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする