ヒルナンデス!で鎌倉細い道のグルメ&スポット紹介!アモーレ愛梨ちゃんもノリノリ!

スポンサードリンク

今日のヒルナンデス!、冒頭は新企画「奥のほそ~い道をぶらり!」、初回は”あじさいの鎌倉”で奥の細い道巡り。

アモーレ平愛梨、高田延彦、平成ノブシコブシ吉村&徳井の4人で鎌倉裏路地のグルメ&スポットを探すぶらり旅。

というわけで鎌倉恒例?の小町通りは素通り、右へ曲がった住宅街の路地でまず見つけたのは「和風らーめん」ののぼりのある「不動茶屋」。正面にはお不動産が。。

SPONSORED LINK

テラスとオシャレな店内で「自家製ケーキセット(コーヒー付き750円)」が頂ける和風茶屋、もうかれこれ40年も前から続いているお店で、和風らーめんが一番人気だとか・・。

てなわけで早速「和風ラーメン(750円)」をオーダー。

醤油だれに秘伝のたれを加え、野菜・豚骨・鶏がら・和風出汁のスープに細い卵麺に自家製チャーシュー・煮卵・大判のり・ネギ・メンマがトッピングされた、見るからにウマそうなラーメンです。

さらに小田原産の梅干しも添えられていて、ラーメンに入れるも良し、最後に口直しとして食べるも良し、ラーメンの味に合った梅干しなんだとか・・・。

ちょっとこってりした東京ラーメンの味に、梅干しを入れるとサッパリして夏には最適、だそうです。

関連ランキング:甘味処 | 鎌倉駅

さて続いて見つけたのは「クルミ入り手づくりスモークチーズノ店」と書かれた看板。

北鎌倉燻煙工房」というお店でスモークチーズにスモークナッツ、燻煙など、製燻製食品の専門店。

中でもワッフルのカタチをした「くるみ入り手作りスモークチーズ(880円)」はくるみがコリコリした食感でスモーク感も強く、かなり美味しいそうです。

さらに「スモークしょうゆソフトクリーム(390円)」は、しょうゆとクリームが想像以上に合うそうで、みたらしのような味でサッパリ、そしてメイプルシロップ入りコーンの甘さも相性抜群らしい。

あまりの美味しさに愛梨ちゃんが一句。

「おどろいた 乳としょう油 合うんだね」^^;

関連ランキング:カフェ | 鎌倉駅

さて、お次は鎌倉野菜を店頭販売するお店「MICHI no ICHI」。

様々な鎌倉野菜が「玉ねぎ(3個入り150円)」「にんじん(3本入り100円)」「ズッキーニ(90円)」など、リーズナブルで手に入るありがたいお店です。

中には愛知県産「ランニングエッグ(10個入り450円)」という、タマゴかけご飯に最高に合うブランド卵も。。

とここで高田さんが一句、「鎌倉で ランニングエッグ あいし(愛知)てる。」

お後がよろしいようで。。。

続いては鎌倉駅西側、細くせまい昭和レトロな丸七商店街へ。

奥に進んで見つけたのが”ミニチュア専門店”「イクスタン」。

店内には千点以上もあるという様々なミニチュアグッズが所狭しと並んでます。

一番人気は一本20円からという「花」だそうで、全て手作り。。

花瓶(300円)もあるので、最近はお見舞いにもよく使われるんだそうです。

ワタシの目を引いたのは「手塚治虫大全集(定価75,600円)」。

ミニチュアなのになんと中身は全部読めるそうです。

他にも「タイガーマスク(全8巻3,840円)」も!。直に見たら衝動買いしちゃいそう^^;。

商店街を出てさらに奥へ進む一行、続いて発見したのは炭火焼きスペアリブのカフェ&バー「バーチーズ カマクラ」。

炭火焼BBQスペアリブ(300g1,600円)」が人気のこちらで、1本試食をお願いするノブコブ吉村。

琥珀色の「国産クラフトビール(850円)」と共にスペアリブをかけてじゃんけん勝負!

みごと勝ったのは高田延彦さん。思いっきりかぶりつき「たまらんね!」と大絶賛。

すごくフルーティーで酸味も効いた、歯ごたえ絶妙のスペアリブだそうです。

鎌倉散策の途中でふらりと立ち寄りたくなるお店でした。

関連ランキング:アメリカ料理 | 鎌倉駅和田塚駅由比ケ浜駅

そのすぐ隣には靴下専門店「RASOX」が。。

製造特許を取得したという「L字型靴下」のお店だそうで履きやすさ抜群!のこだわり靴下の専門店だとか・・。

L字型なので足にフィットし脱げにくく、締め付けによる圧迫感も軽減されるんだとか。。

「スポーツ・クルー(1,400円)」や「サンダル・フィッティ(1,200円)」など、価格もリーズナブルです。

さて、こちらのお店を出てすぐ隣の細い路地の奥で見つけたのは多国籍料理の「ワンダーキッチン」。

中でも日替わりメニューで提供される各国のカレーに注目した一行、タンザニアとパキスタン、タイ、インドをチョイス。

タイのグリーンカレー「ケーンキャオワーンカイ(1,050円)」を選んだ愛梨ちゃん、「ピリ辛でミルキーな感じ」と。

こちらの定番カレー、インドの「チキンコリバタカレー(1050円)」を食べたのは高田さん。

「カレーの深みがあって、ウマい!」と。家庭のカレーに近いそうです。

パキスタンの「アルーキーマ(1,050円)」はノブコブ徳井。

牛ひき肉にじゃがいも・たまねぎ等を加えて煮込み、ガラムマサラ・青唐辛子・澄ましバターなどで味付けした、酸味のあるカレーだそうです。

珍しいタンザニアの「ココナッツフィッシュカレー(1,050円)」を選んだのはノブコブ吉村。

タラのフリットが乗った、めちゃくちゃ甘いカレーなんだとか。でも後からピリッと辛くなるそうです。

カレー好きなワタシとしては、一度世界のカレーの味を試しに行ってみたくなりました。

関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 鎌倉駅和田塚駅由比ケ浜駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする