ヒルナンデス!で炊き込みご飯レシピ対決、サツマイモと明太子、どちらが美味しい!?

スポンサードリンク

今日のヒルナンデス!「アレンジ王子VS八乙女」は、「食欲の秋に食べたい炊き込みご飯レシピ」対決!。

Hey!Say!JUMP八乙女クンは「秋の味覚!サツマイモ炊き込みご飯」を。

材料は

米2合、水2カップ、サツマイモ1本(300g)、なめたけ大さじ2、昆布茶4g

まずは米になめたけ・昆布茶を投入、その後水2カップを加え軽く混ぜる。

サツマイモを皮のまま厚めのスティック状にカット。それを米の上にキャンプファイヤーの焚き火の薪のように組上げ、炊飯器へ。約40分炊いたら完成。

こちらもすんごくカンタン。

SPONSORED LINK

なめたけの醤油味と昆布茶の旨味で充分な美味しさになるらしい。。

さらに炊飯器の中で崩さず残したサツマイモを皿に取り出し、バニラアイスを乗せるだけで、「冷やあつ!贅沢スイーツ」になっちゃう、一石二鳥の炊き込みご飯。

これは家族に喜ばれそう。。

八乙女クンのもうひとつの炊き込みご飯、それは「絶品しそキムチ炊き込みご飯」。

材料は、

米2合、水2カップ、青じそ17枚、ゴボウ1/4本、エリンギ2本、キムチ100g、鶏がらスープの素大さじ1、料理酒小さじ1

まずは米2合に水2カップを入れたら、鶏がらスープの素大さじ1、料理酒小さじ1を加えて混ぜる。

さらにささがきにしたゴボウを入れたら、青じそをその表面に敷き詰める。

その青じその上にキムチを並べて置き、その上に再び青じそを重ね敷き、さらにその上に、厚めに切ったエリンギを乗せる。

またまたその上にキムチをのせ、青じそを重ねる(蓋をする感じで)。

やることはこれだけ。あとはまた40分、炊いて完了。。

炊き上がったら茶碗に盛りつけ(この時炊飯器で混ぜずにミルフィーユ状のまま)、最後に刻んだ青じそをのせ(追いしそ)、出来上がり。

これはサッパリピリ辛で食欲湧きそう。南ちゃんも大絶賛!。

一方のアレンジ王子有坂翔太は「明太ポテト炊き込みご飯」。

材料は

米2合、水2カップ、ジャガイモ2個、明太子1腹(2本)、ピザ用チーズ50g、白だし大さじ2、中濃ソース小さじ1

まず米2合に水2カップを入れ、そこに白だし(市販のもの)・中濃ソース・ジャガイモ(皮をむかず2つにきっただけ)・明太子(切らずにそのまま)・ピザ用チーズをそれぞれ上記分量で投入。カンタン。

後は炊飯器で40分、炊き込むだけ。

火の通った明太子とジャガイモ、チーズ、こりゃ旨くないわけがない!(*´ڡ`●)

明太子の辛味はかなり弱まるそうなので、辛いものが苦手でもOK。

もう一品、アレンジ王子が作った炊き込みご飯レシピは、

イタリア風炊き込みご飯」。

材料は、

米2合、水300cc、オリーブオイル大さじ2、アボカド1個、トマト1個、モッツァレラチーズ1個、顆粒コンソメ小さじ1、塩少々、コショウ少々

アボカドの皮をむき種を取り半分にし、トマトはヘタを取り丸ごと、モッツァレラチーズも丸ごと、それらを水300cc入れた米に投入、コンソメ小さじ1を振りかけ、塩コショウ、オリーブオイルを加えたら、40分炊飯器で炊くだけ。

これはもう、見た目完全イタリアン。

どれも簡単なので、早速今夜でもやってみましょうかね。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする