ヒルナンデス!で、サンマの小骨を超簡単に!さらに名店の味になる裏ワザ紹介!

スポンサードリンク

今日のヒルナンデス!冒頭はゲストに懐かしすぎる昭和アイドル林寛子さんと、ママになったばかりのはしのえみさんを迎えての「美味しい秋食材!時短裏ワザレシピベスト5」!。

そんなヒルナンデス!一行が向かったのはクックパッド編集部。

編集長の草深由有子さんに様々な秋食材の時短レシピを教えてもらいます。

早速の第5位は「サンマ」。秋と言えばまずサンマ!ですねぇ。。

でも新米ママのはしのえみさん、小さい子供にサンマの小骨が心配と・・・。

でも裏ワザを使えばたった5秒でサンマの小骨を取り除けるんだとか!。

SPONSORED LINK

用意するのはサンマと塩、のみ。

まずはサンマの横筋に沿って包丁で切れ込みを入れ(骨に当たるくらい深く)、さらに斜めに3~4本の切れ込みを入れたら塩を振って焼くだけ。

さらにサンマを焼く前に料理酒をかけるだけで一流和食店の味になると!。

ポイントは100均などで売っているスプレー容器に入れて噴霧すること。

さて、まずは切り込みだけで小骨が取れるのか!実食。

この切れ込みによってサンマの身が一口サイズにサクッとほぐれ、身に小骨が全くついてこない!!。これはいい方法聞きました♪。

さらに料理酒をかけたことで名店の味になったと水卜アナも感動(*^^*)。

ちょっとしたコツでより一層サンマが美味しくいただけるなんて、さすがクックパッド!。

続いて第4位の食材は「ナス」。秋ナスも無くてはならない食欲の秋必須の食材。

そんなナスを火も包丁も使わず「ナスの南蛮漬け」を作る裏ワザがあるとか!。

材料(2人分)は、

ナス1本、ごま油大さじ1、片栗粉大さじ2、ポン酢25ml、水25ml

まずはナスのヘタをキッチンばさみで切り落としたら、手でナスを縦に裂き、さらに横にも裂いてビニール袋へ。

そこへごま油を入れ馴染ませたら、片栗粉も入れて馴染ませます。

次に耐熱皿にクッキングシートを乗せ、余分な粉を落としたナスを並べたら、500wの電子レンジで5分ほど加熱。

タッパーにポン酢と水を入れ、そこへレンジから出したナスを漬けるだけ。

ポン酢には元々南蛮酢に必要な調味料が入っていると。確かに^^。

たった10分でナスの南蛮漬けが出来るなんて、考えもしませんでしたよ。。

油を使わないってだけでも、料理が楽になりますからねぇ・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする