バイキングで的場浩司vs前園真聖絶品スイーツ自慢対決!

スポンサードリンク

今日のバイキングの「スイーツの達人的場vs前園絶品スイーツ自慢」、スイーツ好きは必見!。

まずはご存知、毎日スイーツを食べ続ける男、的場浩司から。

一軒目は福岡県北九州市「ドルチェ・ディ・ロッカカリーノ」の究極の大人スイーツ「Tiamo(ティアーモ)3,240円」。

福岡県八女市の抹茶、熊本産のマンゴー、そして福岡県のブランドいちごあまおうなど、様々な味を楽しめるスイーツ。

SPONSORED LINK

ホワイトデーおすすめ限定スイーツは「女前マカロン(1,296円)」。

二軒目は神奈川県川崎市「パティスリー・エチエンヌ」の「チョコレートアート」。

夫婦揃ってパティシエのこのお店、ご主人の藤本智美さんは2007年洋菓子の世界大会で優勝、奥さんの美弥さんも2008年国際製菓コンクール準優勝というスイーツの名人。

動物や恐竜、グローブなどなど、ホンモノそっくりのチョコスイーツは、食べるのがもったいないほど。。完全オーダーメイドだそうです。

ホワイトデーにおすすめは犬の肉球をかたどった「ぷにゅ(700円)」。

続いて三軒目は東京中目黒「パティスリー カカオエット・パリ」の「ヴェリンヌ ショートケーキ(590円)」。ストローで飲むショートケーキ。

まずはいちごのピューレをストローで口に含み、甘さが広がっているうちにいちごとホワイトクリームをすくって食べると最高に美味しいんだと熱弁する的場^^。

他にもパリの三ツ星レストランのパティシエ部門最高責任者だったというジェロームさんが作る本格スイーツがズラリと。

ホワイトデー限定は「ホワイトラブ(540円)」いちごとライム、フランボワーズが重なったマカロン。

お次は世界中のスイーツを食べ歩く、前園真聖。

一軒目は福岡県福岡市「フランス料理Kojima」の、フランス政府公認の賞を受賞した小島孔典シェフ考案のスイーツが並ぶ「ラ・ブティック・ド・こじま亭 福岡三越店」にある「もっちープリン(3個入り788円)」。

ふわっふわ食感のお餅の中にプリンが入った、病みつき間違い無し!のスイーツ。お取り寄せ出来るそうです。

ホワイデー限定スイーツは「博多ぷりん饅頭(1,296円)」。

続いて二軒目は、あの世界的パティシエ辻口博啓さんの東京自由が丘「フェーヴ自由が丘本店」。

こちらの「フエーブ✕セ・ラ・ヴィ(500円)」などの豆スイーツの中で前園イチオシは「カシュー✕フランボワーズ(400円)」と「落花生✕深煎りきなこ(300円)」「落花生✕ホタテ薫製(300円)」。

この3つの食べ合わせが最高とのこと。

ホワイデー限定は「ジュエリービーンズ(900円)」。ガラスの容器に入った見た目も可愛いスイーツです。

三軒目は同じく自由が丘「黒船 自由が丘本店」。

「黒船カステラ(1,296円)」や「黒船どらやき(227円)」が人気のお店だそうで、その中で前園イチオシは、2階直営カフェでしか食べられない「MIRAIカステラ(850円)」。

一見フレンチトーストのようなカステラ、しっとりさくっとした食感、そしてトッピングの生クリーム・バニラ・シナモン・はちみつバターをつければさらに極上のスイーツになるとか。。

ホワイデーにオススメは「ノボラスキュ(7本入り1,512円)」。

スティック状のカステラにチョコレートをたっぷり染み込ませた、カステラなのにサクサク食感の珍しいスイーツ。

もうどれにしようか本気で迷います♡。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする