ダウンタウンDXで哀川翔と小木茂光が喧嘩最強伝説

スポンサードリンク

今夜のダウンタウンDX、ゲストにあの一世風靡セピア元メンバー、リーダーだった小木茂光さんと、哀川翔さん。

それにしても若き日の一世風靡セピア、原宿ホコ天でも異彩を放っていましたねぇ。。

ちょっと近寄りがたい尖ったオーラ、バリバリでしたから^^;。

そんなイケイケ時代の哀川翔、一番殴り合いの喧嘩をしたのが、あの柳葉敏郎だったとか。。

SPONSORED LINK

互いに左手を紐で結んで逃げられないようにしてのタイマン勝負、哀川翔曰く、「早く決着つくし、、あんま長くやると体に良くないから」と・・・。さすがです^^。

でも今でこそ柔和で落ち着きのある役の多い小木茂光さんこそ、元剣道部で腕力も強く、キレると一番怖い存在だったとか。。

今でも「キレる時はキレますよ・・・」と小木さん。起源を損ねたくはないですね、こういうお方は・・・。

そんな小木さんが一世風靡セピア当時、素行の悪いメンバーに対し、「お前も色々会ったと思うけど・・・」と言いながら、部屋に貼ってあった自分たちのポスターを静かに破りながら、

「俺達のことはもう、忘れろ。」と一言。

それを見ていた翔さん、「怖っ(-.-;)」と思ったそうです。

また、昔メンバーだった勝俣州和によると、当時良くもめていた哀川翔&柳葉敏郎の二人が、コンサート前にまた揉めて、翔さんが「もういいよ!!」と出て行く際に、会場の鉄の扉を思いっきり殴ったところ、あろうことか漫画もどきに拳の跡がついていたそう。。

そんな拳まともにくらったら、マジで洒落にならないです。

なんだかんだ言って、つまるところ哀川翔最強!ってことですかね、遠い昔の若き日の武勇伝ではありますけれども・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする