ダイエットにも効果!リオ五輪でマイケル・フェルプス選手らに丸いアザが謎過ぎる!でもあれはカッピングという吸玉療法の跡だった。

スポンサードリンク

ついつい熱中して観てしまうリオオリンピック。おかげでだいぶ寝不足気味です^^;。

8月18日正午現在、金メダル10個、銀メダル5個、銅メダル18個獲得と日本の各選手も素晴らしい健闘です!。

で、そんな中、ずっと気になっていたのが、水泳のマイケル・フェルプス選手や体操のアレクサンダー・ナドア選手の身体に目立つ大きな丸い赤紫のアザ。。

ちょっと異様なので気になって調べてみたら、いわゆる”カッピング”という吸玉療法、とのこと。

なんでも古くから伝統的に行われている治療法の一種で、筋肉に溜まる乳酸などの老廃物を排出させるんだとか・・・。

ま、我々凡人には関係ないか・・・と思いきや、痩せたい部分をカッピングで吸引することで、その部分の血行が良くなり経路に沿って体温が徐々に上昇、結果痩せやすい体質になるんだとか。。

これをキッカケに、気軽にカッピングを受けられる骨盤ダイエット500円体験が密かに流行りそう。。

ついでに長年の肩こりもほぐしてもらえるなら一石二鳥!かも^^;。

ワンコインで一人ひとりに合わせた、お悩み別オリエンタルトリートメント付!ならかなりお得ですからねぇ。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする