スッキリ!!で紹介、五郎丸も実践!腰痛予防ストレッチは簡単・短時間で出来る。

スポンサードリンク

今朝のスッキリ!!で紹介されてた「腰痛予防ストレッチ」、簡単で即効性ありそう。。

あの五郎丸も実際の訓練に取り入れているそうです。

いまでこそガッチリした体格の五郎丸ですが、

当時(18歳大学1年生)183cmの80kg程度の体でしたが、一年後には90~92kg程度にまで成長しました。

ということで、高校時代は筋トレなど未経験だった五郎丸に一から知識を教えた、早稲田大学ラグビー部フィジカルコーチ村上貴弘さんが、「腰痛予防ストレッチ」を教えてくれるとのこと。

SPONSORED LINK

まず腰痛の以外な原因は、「おしりが使えないこと」で腰に負担がかかり腰痛になるんだと。

つまり、「おしりの筋肉」を鍛えれば腰痛予防になる、とのこと。なるほど・・。

そのためには、3つのストレッチを1日1回やるだけ!。

その1「おしりを伸ばそう バランスストレッチ」

膝を外側から握って足首を持ち、すねが体に対して斜めになった状態から、軸足を伸ばして胸を張って、すねを胸につけるように伸ばす

その状態で5秒間キープ、左右それぞれ1回ずつ行う。

このストレッチで「大臀筋」を伸縮させ、筋肉が柔らかくなり腰への負担が軽減されるんだとか。

その2「おしりを鍛えよう サイドキック」

まず腰幅で立ち、バンザイをし、片足立ちになって体をまっすぐ保ったまま足を外に開く。

開いた足を戻し、その足を今度は胸に向けて高く持ち上げていく。

これを左右5回。この動作は「中臀筋」と「腸腰筋」が強化され、腰が安定するらしい。

その3「ボッシュウォーク」

五郎丸他代表チームも2年前からやっている運動。

生体力学の世界的権威「フラン・ボッシュ」という人が日本代表チームに導入したのでこの名前に・・。

まず手の平を両肩の脇に開いて、片足立ちになり同時に上げた足の反対の手を上へ上げる。

これを6回繰り返すだけ。

このトレーニングで「腹斜筋」「大腿四頭筋」「大臀筋」「腓腹筋」、さらに「腰方形筋」「腸腰筋」まで鍛えられちゃうんだそうです、こりゃやらなきゃ損。

おなか・おしり・足の筋力を一度に鍛えられ、しかもシンプルな動作を6回やるだけ、ですからね。

これから寒さが増すにつれ、腰痛もキツくなってくるので、これは是非毎日続けたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする