サンマをそのまま焼いちゃダメ!焼く前にやることとは?

スポンサードリンク

ソレダメ!行列グルメ店が門外不出の常識大公開SP」、勉強になります。

秋刀魚大好きなこのワタシ、スーパーで秋刀魚を買っては普通に焼いてました、今日までは・・。

で、先日もテレビで取材されてた目黒のさんま「菜の花」オーナー、長倉喜陽美さんが教えてくれたのは、

「サンマは身と皮の間に一番美味しい脂がある」ので、そのままグリルで焼くと、網に皮が張り付いて一番美味しい脂が取れてしまう、そうです。

SPONSORED LINK

なのでまず、

1,サンマに塩を振ってしばらく置いてから、

2,サンマ全体にお酢を塗る

そうすることで、酢の酸でタンパク質が固まり、酢の酸がサンマの旨みを閉じ込めるんだそうです。

さらにグリルの網にも酢を塗っておけば、サンマが網にくっつきにくくなる、これは知ってました。

たったこれだけで、今が旬のサンマが美味しくなるのは有難い。

もうひとつ、サンマを1週間おいしく保存出来る方法!。スーパーの安売りで大量に買っちゃった時に、使えますね。。

まず真っ先にやってしまいそうなのが、「内臓を取る」こと。

これはやっちゃダメ!なんだそうです。

内蔵を取ってしまうと、そこから空気が入り、内臓部分から「冷凍焼け」して、黄色く変色して味が落ちてしまうんだとか・・・。これは初耳。

サンマの正しい保存方法は、

1,表面を冷水で軽く洗い、キッチンペーパーで水分をとる

2,内蔵をとらずに空気を抜きながらラップに包み、冷凍庫に入れる

3,解凍する時は、冷水解凍で

氷水は空気よりも熱伝導率が高く温度を上げないため、美味しさを保ちながら解凍できるそうです。

ただ、出来るだけ早く食べた方がいいのは間違いない。

これがわかれば怖いものなし!。早速明日、サンマのまとめ買い、してきます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする