あのニュースで得する人損する人でサイゲン大介が舟和の芋ようかんを普通のさつまいもで見事再現!

スポンサードリンク

今夜の「あのニュースで得する人損する人」は「神の舌持つ芸人、サイゲン大介が名店スイーツ再現」!。

まずは創業明治35年、和菓子の名店「舟和の芋ようかん」を見事再現!。

それにしても「サイゲン大介」こと、お笑いコンビ「うしろシティ」の阿諏訪泰義の舌は一体どうなっているんでしょうか?

なんとスーパーで1本100円程度で買える普通のさつまいもで、あの舟和の甘さを再現してしまうんだとか。

SPONSORED LINK

まずはひと口舟和の芋ようかんを味わい、分析するサイゲン大介。

幾度も試作を重ね、再現したレシピは以下の通り。

まずはさつまいも(750g)を輪切りにし、皮を厚めにむきます。

続いてそのさつまいもを水から茹で、沸騰したら10~15分ほど加熱。

ザルにあけたらフードプロセッサーに入れ(二度分け)、上白糖(46g)と塩(2つまみ)を加え、さらに黒砂糖(6g)を入れたらスイッチオン。

ちなみに黒砂糖な宮崎製糖さんがオススメ♪。

この作業を2回行ったら、耐熱容器にまとめてラップを掛けレンジ(600w)で約3分温めます。

粉寒天(9g)と水(200cc)を鍋で日にかけよく混ぜ、レンジで加熱して温まったさつまいもにかけて練り込みます。温かい内に練り込むのがポイント。

ここまで、上記分量厳守!。

後はねり終わったさつまいもを型に入れ、ヘラで押し込んだらラップを掛け、冷蔵庫で約12時間冷やせば完成!。

これであの「舟和の芋ようかん」が見事再現!!されるそうです。

ちょっと試しにやってみますかね(*^^*)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする